2018年02月03日

登録文化財保存活用シンポジウム

今年初めての記事です。

 長期優良住宅認定関係の書類提出の為、色々と重なってしまい、年末年始忙しくしていましたので、更新できませんでした。反省です。

 さて、先日、愛知県国登録有形文化財建造物所有者の会(略称:愛知登文会)さんの登録文化財の保存活用シンポジウムに参加しました。

 プログラムは
1。群馬からの報告「ノコギリ屋根を活かしたまちづくり」講師:群馬登文協会長 北川紘一郎氏(無鄰館館 長、桐生ユネスコ協会、桐生・世界遺産の会会長)
2。「登録有形文化財の保存活用をめぐる状況」講師:文化庁文化財調査官 金井健氏
3。意見交換

 群馬の北川氏のお話は同じノコギリ屋根の多い一宮市民としては非常に興味深いお話でした。

「富岡製糸場」がユネスコ世界遺産になった事はみなさん記憶に新しいと思いますが、そこに行き着くまでには色々とあったそうです。

 まず1990年に桐生市文化財保護課職員の方の勇敢な行動と文化庁の理解により全国近代化遺産総合調査が行われた事は画期的であった事だそうです。
 その調査の中で群馬県ではノコギリ屋根建造物が約315棟、蔵約300棟、その他産業遺産を改めて確認されたそうです。つまり、群馬県内の絹産業遺産が宝の山であったことが再確認されました。

 1992年「桐生の街づくりフォーラム」が開催されました。そこでの村松先生のお話が今も生きていると言われます。それは「文化財の保存は難しいので、活用すれば良い」と言われた事だそうです。

 今でこそ文化財の活用と言われますが、当時では文化財といえば、大切に保存して歴史資料として展示公開するものという認識しかなかったそうです。
 ところが今では文化財建造物の多様化で国宝や重要文化財から登録有形文化財や伝統的建造物群もあります。また時代も近代、現代の建造物などや新たな価値を見つけ出して様々な文化財が存在します。
 ノコギリ屋根を保存だけしようとしても無理がありますが、新たな価値を創造して活用する事で生まれ変わるという事と思います。

 一宮市のノコギリ屋根の工場をみても現役の工場として稼働しているところもあれば、中の機械はすでになく物置になっている所や、住居として利用していたり、屋根や外壁が崩れて廃墟となっていたりと様々です。すでに解体されて別の建物が建っているところもあります。いずれにせよ活用される事無く、解体される運命を待つ物が多いと思います。

 北川氏のノコギリ屋根の活用はまちづくりを基本にしながら先進国としての活用ということで、クリエーターズバレー構想を展開しようとされたそうです。
 無鄰館ではクリエーター誘致を行い、アトリエとして造形家や画家のみなさんに利用してもらったそうです。

 文化財的価値の高い建造物を保存していくには活用しかないですが、この活用が難しいです。簡単に「古民家カフェ」や「古民家のゲストハウス」と考えがちですが、その建造物の建っている場所等のポテンシャルを検討しながら、建造物の強みを活かした活用を考えなくてはいけません。また改修保全だけでも資金が必要ですし、活用の為の改修にもお金がかかります。投資コストの回収ができる収支でなければ絵に描いた餅です。
 
 まだまだ勉強が足りんなあと思わせられる一日でした。
posted by 川島勝久 at 15:18| Comment(0) | ヘリテージマネージャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

文化財建物特別公開

久しぶりのブログ更新です。

 お盆過ぎからしばらく腰の調子が悪く臥せっていましたが、やっと調子良くなってきました。
原因は、姿勢が悪かった事と車の運転が多く、仕事が詰まっていて休養が取れなかった事でしょうか。

みなさんにはご迷惑おかけしまして、本当に申し訳ありませんでした。

 さて、そんな感じで秋を迎えましたが、また「建物特別公開」の時期がやってきました。
主催は愛知県国登録有形文化財建造物所有者の会で、愛知県にある53もの登録有形文化財の建物を
この時期に特別に公開しています。

 特別公開では、建築の専門家や所有者の方々によるガイドも開催しています。
また、街歩きツアーや、ワークショップ、お祭りなどの多彩なイベントも開催されています。

 普段は立ち入る事ができない建物に触れ、室内装飾の美しさに浸って、歴史や文化に耳を傾けたとき、きっと新しい発見があると思います。また建物はその地域の記憶として時代や社会を映し、明日への橋渡しをする「まちのたからもの」ではないかと思います。

そんな思いで、私も微力ながらお手伝いをしています。ご興味があれば是非、参加されたらと思います。

詳しくは下記のHPでご確認ください。

http://www.aichi-tobunkai.org/kokai/2017/index.html

posted by 川島勝久 at 14:25| Comment(0) | ヘリテージマネージャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

足場がはずれました。

もう7月も半ばです。前回のブログ更新は6月半ばです。なかなか更新できません。

理由はネタがないから?いえいえただ単に夏バテぎみなだけです。

先日、豊明の家の足場がはずれました。いよいよ完成に向かって暑い中がんばっています。

外壁はガルバリウム鋼板です。色は濃い青と南側は白です。

破風や鼻隠しの色は屋根と同じ黒にしようか迷いましたが、白にしました。濃い青と白で爽やかな感じです。

 外構のフェンスで目隠しが必要と感じ、見積しましたが、高くなるので、床で使った杉のフローリングを貼って外部用のキシラデコールを塗ってお値打ちにしようとなりました。色はワイス(白みたいな色)。白といっても浸透型の塗料ですから少し木目も残っていい感じになります。

 そこに水色で細くて斜めにローマ字で名前をいれると「まさにマリーン」といった感じになるかなとお施主様と爆笑。

 楽しく現場定例会を行いました。
0376-0720.gif


posted by 川島勝久 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊明の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

パッシブエアコン

先日、ユニソンさんのパッシブエアコンモデル住宅見学会に参加するために蒲郡に行ってきました。

会場はラグーナ蒲郡の隣でSHARESラグーナ蒲郡です。

パッシブエアコンとは全館空調システムで2階の天井裏に機械をおいてダクトで各部屋に冷気や暖気を送ります。

冬期の暖気は床下に暖気を送り込めば床暖房にもなるようです。

夏冬通じて快適な空調が作れて、月平均の冷暖房費にかかる電気料金は3000円程度だそうです。

もちろん隙間風だらけの家ではできませんので、外皮性能ではUA値はHEAT20のG1レベルで0.56程度です。

この地域ではUA値0.87ですので、かなり基準が高いです。

簡単な説明の後はSHARESラグーナ蒲郡の見学です。

ここは住宅展示場でありながら宿泊もできるそうです。

なるほどお隣がラグーナ蒲郡ですから泊まって遊びにいける訳ですね。

ちなみに宿泊料は4名の大人で45000円/棟です。その他リネン代もかかりますが、いかがでしょうか?

RIMG0033.gif
天井裏の機械です。

RIMG0013.gif
RIMG0014.gif
RIMG0030.gif
こんなお風呂もありました。
RIMG0032.gif
つなみ用シェルター
posted by 川島勝久 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

何色がいいですか

外壁の色は何色がいいですか?

いつも施主様にお聞きしていますが、答えはまさに色々です。

すでにイメージをお持ちの方もみえますし、決まっていない方もみえます。

 最初の打合せの段階でお話しながら、施主様の持っているイメージを聞き取ったり、雰囲気から感じ取ったりしているのですが、たまに最初のイメージと違う場合もあり混乱する時もあります。

 イメージによって色を選択するのですが、あわせてイメージにあった形も選択します。このイメージがあっていないと色もですが、形も変えなくてはいけなくなります。また、外壁の素材の変更も必要です。

 ただ、このイメージは施主様にとって本当に合っているイメージなのかも考えなくてはいけないと思っています。流行に流されたイメージでは長く家とつきあっていくことはできません。流行がだめという事ではないのですが、それを自分なりに取り込めていけるかが鍵になります。

 飽きのこないデザインでちょっとわくわくできるような空間づくり、日常にも溶け込める住まいをめざしていますが、これは施主様と設計者の二人三脚で造りあげるものと思います。

0280-0601.gif

樋の色を決めようと思っていますが、外壁がまだなのでもう一度検討し直しです。
 
ラベル:デザイン カラー
posted by 川島勝久 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊明の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする