2018年02月23日

気候風土適応住宅

2020年の「省エネ基準義務化」で伝統木造住宅はどうなるか?

先日、ACCの勉強会で「伝統構法の2020年省エネ法の義務化に向けての新たな方法」
気候風土適応住宅についての勉強会に参加しました。

講師は(有)綾部工務店の代表 綾部孝司氏です。

 綾部工務店さんは埼玉県の川越市にあり、綾部孝司さんで3代目で、国産材を大工さんが手刻みし、「木組土壁の家」を基本とされている工務店さんです。また省エネ性能についても詳しく検討され、「断熱(外皮)性能だけが省エネではないのではと思い、素材の製造から廃棄までのトータルで省エネを考えないとおかしい」ということで、国交省サステナブル建築物等先導事業「気候風土適応型住宅」が採択されたそうです。

 さて、2020年の住宅の省エネ義務化で伝統的な建て方の住宅がどうなるかというと、省エネ法では建物外周部(外皮)には断熱材を施すことになっています。また外部建具も性能の高いサッシが要求されます。それらを地域ごとの基準値に納まるように計算して、断熱材の厚みや建具の性能を決めなくてはいけません。

 すると伝統的な建物では土壁の外壁では柱内に土壁がありますので、柱内には計算値通りの断熱材は入れられません。また屋根の下地を仕上げとすると(梁などが見えて垂木も表しできれいな民家を想像していただければいいのですが)断熱材は入りません。床下も石場建てであれば立上がりの基礎がないので基礎断熱などはできません。(床断熱なら可能でしょうが)建具も木製にすると厚めのペア硝子は入りにくい(不可能な訳ではないのですが)また、もともと窓が大きくて性能は不利になるなどなどがあります。

 ですから省エネ法では全国一律の形態の建物しか建たなくなるおそれがあり、伝統的な構法の建物がなくなる事は伝統的な技術の継承や文化を失う恐れもあると思われるのです。

 ではその伝統構法の住宅が住みにくいのかと言うと、実際建ててみえる綾部工務店さんのお施主様ではそんなことはないそうなんです。(川越市は夏暑く、冬は寒い地域だそうですが)反対に計算値よりも一次エネルギーの消費は少なくなっているそうなんです。

 そこで、国も「気候風土適応住宅」という認定ガイドラインを策定しました。

 しかし、各地域独自の気候風土に適した住宅ということで、それぞれの行政庁でも認定基準を作る事が必要なんですが、その行政庁での認定基準作りがまだまだ進んでいないそうです。

ただ、これは行政だけの問題ではなく、私たち実務者側からも積極的に提案する事が大切と言われます。

 伝統構法の住宅を過去の化石とはせず、未来にも繋がる伝統的文化として継承するためにも私たちからの働きかけが大切であると痛感いたしました。
posted by 川島勝久 at 18:20| Comment(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

モノ・コト

やっと時代はコープの住まいに追いついて来たのか?はたまた違うのか?

昨日はコープあいちさんの合同交流会に参加してきました。
「2018年度の住宅をめぐる情勢とその具体的対応」と題して清水英雄事務所株式会社の代表取締役の清水英雄氏の講演を聞きました。

 氏曰く「今までの営業スタイルからの脱却が必要」といわれました。

 情勢は新築着工件数は少子化により確実に減少し、空き家率の増加、既存住宅の流通というストック循環型社会への移行や、大相続時代の始まり、2020年の省エネ法の義務化による性能の差別化ができない事など、住宅単体を作って売る時代から住生活全般の相談からライフスタイル、エネルギー、資産活用等の住生活に関する新しい事業への展開が必要であると言われます。

 ハウスメーカーではすでに建物の性能による差別化からライフスタイル提案型に変えているそうです。

 この話を聞いて感じるのは、コープでは「一人一人の暮らし方に合った住まいづくり」という考え方でその人に合った家づくりを建築士とともに進めるという活動をすでに20数年前から行ってきていました。

 設計と施工を分離して、建築士と直接住まいづくりをおよそ半年くらいじっくり時間をかけて考え、本当に必要な事を住まいに取り入れ結果的にコストパフォーマンスの良いデザインされた住まいづくりを提案するというものです。

 また作り手の都合で家を作るのではなく、今でいうシックハウスの問題ですが、これが法律化される前から「住まいから化学物質を遠ざける」として防腐防蟻剤散布を点検システムに切り替えて散布しないようにしたり、自然素材の無垢板のフローリングを使用する。塗りにくいけど天然成分の塗料を使う。など。
 
 もちろん建物の性能では早くから性能表示制度を研究し、現在の長期優良住宅に対応する家づくりも行っています。

 今回の清水先生のお話から感じるのは、コープの住まいづくり(家づくりと言わないのは物を売るだけではないということで)は時代がやっと追いついたのではとも思います。

 それじゃもっとコープスタイルは流行るのではということですが、そこはコープさんです。過度な営業はしません。あくまでも組合員さんが望まないといけないのです。その知らせる活動が過度にならないのって意外にバランスが難しいようです。
 
 良いものも知らなければ広まらないとも言います。ハウスメーカーさんのように派手に宣伝できませんので、地道にお知らせする事が大切でしょうか。


 
 
posted by 川島勝久 at 10:55| Comment(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

パッシブエアコン

先日、ユニソンさんのパッシブエアコンモデル住宅見学会に参加するために蒲郡に行ってきました。

会場はラグーナ蒲郡の隣でSHARESラグーナ蒲郡です。

パッシブエアコンとは全館空調システムで2階の天井裏に機械をおいてダクトで各部屋に冷気や暖気を送ります。

冬期の暖気は床下に暖気を送り込めば床暖房にもなるようです。

夏冬通じて快適な空調が作れて、月平均の冷暖房費にかかる電気料金は3000円程度だそうです。

もちろん隙間風だらけの家ではできませんので、外皮性能ではUA値はHEAT20のG1レベルで0.56程度です。

この地域ではUA値0.87ですので、かなり基準が高いです。

簡単な説明の後はSHARESラグーナ蒲郡の見学です。

ここは住宅展示場でありながら宿泊もできるそうです。

なるほどお隣がラグーナ蒲郡ですから泊まって遊びにいける訳ですね。

ちなみに宿泊料は4名の大人で45000円/棟です。その他リネン代もかかりますが、いかがでしょうか?

RIMG0033.gif
天井裏の機械です。

RIMG0013.gif
RIMG0014.gif
RIMG0030.gif
こんなお風呂もありました。
RIMG0032.gif
つなみ用シェルター
posted by 川島勝久 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

建築総合展見学

本日、吹上ホールで行われている建築総合展を見に行ってきました。

テーマは「考えよう 建築と未来」。

出展展示は地域材の木材活用の取組を紹介するものや、耐震、制振技術の紹介、また省エネなどの断熱材の紹介、マンション管理で排水管のメンテナンスや、外壁のタイルの浮きを調べる赤外線センサーなどが紹介されていました。

RIMG0001.gif
会場では今話題のドローン?マルチコプター?が試験飛行していました。

RIMG0004.gif
また、愛知県産材認証機構ではACCでお世話になっている東海林設計事務所さんの設計の木造2階建てモデルが建っていました。

 インスペクションの関係で日本赤外線劣化診断技術普及協会の赤外線によるビルの外壁タイルやモルタルの浮きを診断する方法の説明を聞きました。外壁のタイルの浮きを足場を組まなくても診断できる方法で、高価な赤外線カメラでしかもレンズも高価だそうで、技術的にも正確に解析するには認定試験に合格した技術者でなければできないそうです。

また、新都工業さんの木造住宅の地盤沈下による傾斜の補修工事のダブルロック工法の説明も聞きました。セメントミルクと特殊な液を混ぜる事で5〜10秒程度で硬化します。これを地中4〜5m以上下に注入して、地盤を上げながら土を岩の様に固めて土壌改良し、固めた地盤から建物をジャッキアップしてレベルの調整をしていきます。ただ、金額的にはお値打ちではあるそうなんですが、新しい住宅で地盤沈下した時などはいいのでしょうが、古い住宅ではそこまでする価値があるかどうかと迷われるケースも多いそうです。

個人的には、漆喰九一さんの「漆喰は命を守ります」のセミナーを聞きたかったのですが、時間に間に合わず、残念でした。またお話をお伺いしたいと思います。

建築総合展は1日,2日,3日と吹上ホールでやっていますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

あと、3日は4階の第3会議室で午前10時からあいちヘリテージマネージャー養成講座実行委員会の「私の見つけた登録文化財」の発表会と「文化財の創造的活用を目指して」の講演がありますので、こちらも是非お立寄ください。
posted by 川島勝久 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

ヤマベの木構造

昨日は、愛知建築士会の山辺豊彦「ヤマベの木構造」講習会に参加しました。

「ヤマベの木構造」の改訂版が出て、それを教科書に山辺先生の講義が行われました。

 内容は基礎の設計、軸組の役割と種類、梁の断面設計、耐力壁の種類と特徴、配置計画、引抜き力に対する接合部の設計、水平構面の役割、スパン表を用いた設計など、

木構造の全てを午後2時から午後8時までの短時間で詰め込まれました。

 以前より改訂前の「ヤマベの木構造」で学んだりしていたので、多少無理なく学ぶ事はできたのですが、やはり、きついです。山辺先生も怒濤の講義でお疲れだったのではと思います。

以前学んだからと言っても、決して無駄ではなく、何回も学ぶ事で、確認できる事や、新たな発見はありました。

 木造住宅では4号特例がありますので、特に構造計算を確認申請時に提出しなくても良いのですが、それをいいことに設計者の中には、基準ぎりぎりの最低限の壁量計算ですませ、梁伏せや梁断面はプレカット工場まかせの設計者もいるようです。

 建物の外観デザインを決めるのに、高さを抑えた方がきれいなデザインとなりますが、そこには内部デザインと構造とのせめぎ合いがあります。梁の掛け方などの構造計画や梁断面が設計できなければ、デザインは完成できないと思うのですが、プレカットまかせの設計者さん達はどうしているのでしょうか。少し不思議です。

 また、地震が来たら大破しても仕方なしとするのか、中破、小破程度とするのかなどの構造性能の検討も必要ですし、施主への説明も必要になります。自ら、構造設計に携わらなければ分からないと思うのです。

 基礎の設計でも、私はホームズ君というソフトを使って設計しているのですが、計算の根拠が不明確な基礎も散見されます。

 梁や柱の加工でも現在はプレカット工場での加工が多いのですが、プレカットの特徴を理解しないといけないと思います。特に床梁を受ける梁は床梁よりワンランク大きくした方がより丈夫になります。

 そういう構造に対するまじめな設計や、ちょっとした工夫や気配りで性能がアップしていくことが、丈夫できれいで気持ちの良い住まいができるのではと思います。

 およそ昼から6時間近くの詰め込み講習でしたが、木構造は奥が深く、さらに学んでいかなくてはと思いました。
ラベル:木構造
posted by 川島勝久 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

大井宿と省エネ住宅

先日、恵那の東濃地域木材流通センターさんの東濃型ゼロエネルギー木造住宅の見学に行ってきました。

恵那といえば中山道の大井宿のある所です。3時からの見学でしたので、お昼に恵那市に着き、大井宿を散策しました。

RIMG0013.gif

まずは大井宿の本陣跡へ、ここはまだ住まいとして使われていますので、道路から門あたりを見学

RIMG0038.gif
次に中山道ひし屋資料館へ、ここは商家だった古山家住宅

RIMG0036.gif
 江戸時代中期以降、大井村の庄屋を務め、明治以後は郵便取扱役、恵那郡役所掛屋(銀行)に任命され、養蚕研究や俳諧分かの推進にも力をつくしたようです。
この住居は主屋は明治初年建立とされ、典型的な町家形式で、格子戸と大戸併用の出入り口、通り抜けの広い土間、12帖の中京間、店座敷、中座敷、奥座敷があり、裏には店蔵、宝蔵もある。平成9年に恵那市の文化財に指定されたそうです。
 丁度お伺いした時は、お客もいなくて、親切な係員さんに詳しく説明をしていただきました。

RIMG0028.gif
居間にある織部床で右側に平書院のようなデザインの障子がありました。これ障子と一体ですから動くんです。

RIMG0035.gif
なつかしい、氷を入れる冷蔵庫です。あと、古い電話もあったんです。

時間がなくてじっくりみれませんでしたが、また今度来ようと思います。

RIMG0041.gif
中山道広重美術館にも立寄ました。
歌川広重や歌川国芳などの主に「広重」「木曽街道(中山道)」をテーマに浮世絵版画が展示してあります。2階には版画を実際に印刷できる体験コーナーもあり、楽しそうでした。

3時になったので、東濃地域木材流通センターさんのモデルルームへいきました。

RIMG0044.gif
理事長の金子さんより詳しく説明を聞きました。

以前、名古屋のセミナーでお話をお伺いした事はありましたが、実際に体験させていただくと、すこぶる快適であることを実感します。
 表面温度計で測定すると、床が21℃、壁21℃、天井21℃で吹き抜けの上の天井も21℃です。冬の温度としては21℃だと少し寒いかもと思いますが、これだけ温度差がないと寒く感じません。特に足はプラス3℃高く感じるそうですから、24℃くらいに感じているのでしょう。
 で、この暖かさの熱源はなんとエアコン1台で、全館をこの温度にしているのです。すごいです。
壁は土壁なんですが、これは蓄熱と調湿を考えて真壁納まりにしてみえるそうなんです。真壁納まりと聞くと昔の家を想像して古くさいとか寒い家なんではと思い勝ちですが、そうではありません。デザインはきれいでしかも寒くないのです。そして、実はさらに深い意味があります。それは真壁で柱や梁を表すことで、地域材を流通させることに一役かっているのです。

モデルハウスを見学後、木ポイントという東濃地域木材流通センターさんも見学させていただき、帰路につきました。
 そして、我が家に帰って思った事は恵那市よりも暖かいはずの我が家がすごく寒く感じてしまったことです。私自身もさらに勉強、研究して少しでも近づけるような設計を心がけていきたいと思いました。

 親切に説明してくださった金子様、ありがとうございました。

posted by 川島勝久 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

制震工法

先日、制震工法の勉強会に参加しました。

今回はBOSHINという制震工法を扱っている建築士の方のお話です。制震工法は現在市場に色々と出回っていますが固めるか、減衰するかの工法が多く、復元する機能は少ないそうです。

制振装置というと筋交いのような形でその途中にダンパーのような物がついていたり、横架材と柱のコーナーに金属と金属を粘弾性体を重ねた物を取付けたりするイメージが多いのですが、このBOSHINは3枚の半径の異なったステンレスバネが一体となって横架材と柱に付く物です。実物を持ってみましたが、意外に重くてしっかりしています。試しに曲げてみようと思いましたが、とても人の力では曲がりません。

このBOSHINは、地震の衝撃力を1/2以下に抑えるそうです。また、繰り返しの大きな余震にも何度も効果を発揮するそうです。また、194mm変位から復元するそうです。

 耐震構造は大地震の揺れが直接耐力壁に入って耐えますが、大地震後耐力壁が健全であるとは限りません。大きな余震がくれば余力がなければ倒壊してしまいます。この為に耐震等級を上げて、ぎりぎりの耐震設計はしないようにしているのですが、さらに制振装置をつけることで、震動エネルギーを吸収して、耐力壁や横架材、柱などに負担がかからないようにすることは良いことと思われます。またこのBOUSHINのように復元力があれば耐えながら傾いたものが元にもどってくれればありがたいです。

 免震装置は理想ですが、高価でなかなか決断できないんですが、こちらはお値打ちとのことです。

ただ、設置数や場所についてはメーカーが決めるそうです。

で、少し疑問だったのは良いであろうと思うのですが、本当にどのくらい数字的に効果が現われるのか聞いてみましたが、試験体では半分ということです。実際にはどうなんでしょうか。

 37種類の製品の資料を一覧表にしていただいた物を見せてもらいました。それぞれやはり、低減率がうたわれていますし、取付数量も色々です。BOSHINは1階で1階坪数で16ケ以上、坪数が大きくなると数量も増えます。他のメーカーでは35坪程度なら外周4分の1のところに4箇所で良いとか色々です。

 個人的には筋交い形式だと面外にたわんだ時に効果が落ちるような気がします。仕口に取付ける方がよいと思うのですが、ビスやコーチが地震時の揺れで材質によって緩みが生じるのではとも思います。決して悪い事ではないと思いますので、今後の勉強にしたいと思いました。
ラベル:耐震 復元力 制震
posted by 川島勝久 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

外皮基準計算と一次エネルギー消費量講習

今日は、朝から外皮基準計算の演習と一次エネルギー消費量算定の講習に行ってきました。

ガスビルということで、今池に行ったのですが、栄の間違い。あわてて地下鉄で栄に。なんとか間に合いました。

すでに実務でも平成25年省エネ基準をホームズ君を使って実践していますが、もっと正確に学ぼうと、講習に参加しました。

一般財団法人の建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の講習です。

基準の主な改正点は地域区分を6から8に細分化した事。また総熱損失量を床面積で割っていたQ値から外皮熱損失量を外皮面積で割ったUA値に変わりました。そして、基準一次エネルギー消費量と設計一次エネルギー消費量を比較する評価が新規で追加された事です。

平成11年省エネ基準(次世代省エネ基準)は平成25年10月1日で廃止で平成27年4月1日までが経過措置期間です。平成25年省エネ基準は平成25年10月1日より施行されて、平成27年4月1日より完全施行となります。

性能表示の省エネ等級ももしかしたら、今までの4等級より上の5等級(認定低炭素基準)になるかもしれないとのことでした。

平成27年4月といえば、来年です。もう時間がありません。今回の講習でも多くの建築関係者が参加していました。これから学ぶという人も多そうで、1日の講習では理解するのが大変ではと思います。

今回の講習は今まで学んで来た事の再確認のつもりでしたが、さらにレベルの高い基準も学んでいかなくてはと思いました。
posted by 川島勝久 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月30日

構造用合板の試験結果

昨日、建築士会の木塾の勉強会に参加しました。

10月に行われた、構造用合板の破壊実験の検証です。

実験体は真壁受け材仕様2P、真壁受け材仕様1P、大壁仕様1Pです。

実験結果データを図にして、包絡線を描いて降伏耐力や降伏変位、初期剛性などを求め、終局耐力を求めます。

結果、壁倍率は真壁1P、大壁1Pは2.5の近似値、真壁2Pは3近くになりました。

柱と梁が少し離れていたことで、初期剛性が足らなかったようですが、壁倍率は予定通りでしょうか。2Pの方がやや壁倍率が大きくなっています。

考察では、構造用合板耐力壁は筋交いに比べ、安定した耐力発揮をしています。筋交いのように孕みを止める部材がない場合は孕んで耐力が落ちてしまいますが、構造用合板はがんばりながら壊れていくようです。

また、真壁2Pで継手部では合板同士が小口の当たるところで、跳ね出しが起きていましたが、梁にはめり込んで、合板の跳ね出しを止めていたそうです。また、真壁受け材仕様では受け材の釘が小さかったために受け材が浮き上がっていたそうです。

あと、真壁2Pでは柱に曲げ破壊のひび割れが発生していたそうです。大変形時に柱に曲げ応力が発生する事を考えると柱の大きさや材質の検討が必要となるのではないかということです。

真壁2Pは壁倍率3程度となっていたんですが、最近は厚い構造用合板の壁倍率5倍仕様もありますが、高強度の耐力壁を囲むフレームの強度はそれなりに検討しなくてはいけないのではと個人的には思いました。

去年の筋交いの壁倍率が足らなかった事については、平成12年に法が改正され、壁倍率の基準が少し変わった影響ということでした。個々の耐力結果と一棟まるごとでは違うとの事、この辺はよくわかりませんね。さらに勉強が必要です。

個人的には構造用合板は構造的なことではなく、ホルムアルデヒトの事や湿気に弱いであろうと思っていますので、素直に受け入れがたいのですが、面材ということで、合板以外にも製品はありますので、今後検討していきたいと思います。

こういった実際に実務で使っている工法を再度実験によって検証することは大切であり、頭で判っていながら、実際に壊れていく実験風景をみながらのきずきを大切にして、安心安全でさらによりよい木造住宅を作る為の資料となります。

講座を運営している建築士会の木塾委員会の皆様、お疲れさまでした。

posted by 川島勝久 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

鉄男と限界耐力

先日、大阪まで限界耐力計算の講習に行ってきました。

RIMG0002.gif
近鉄名古屋で電車を待っていると、入ってくる電車にお客さん(鉄男?鉄女?)が写真を撮っていました。つられて私もパチリ。

大阪難波から肥後橋まで行き、JSCA関西のビルへ

テキストは「伝統的な軸組構法を主体とした木造住宅・建築物の耐震性能評価・耐震補強マニュアル」です。また、後半は京町家の耐震改修事例を聞きながら、ちょっとした演習問題が出されました。

限界耐力計算法は耐震補強する場合に現代的な建物のように合板と筋交いで壁をつくり固めていくのではなく、伝統的な建物の特性に合わせた変形性重視の方法で耐震設計するということのようです。

耐震性能評価の手順として、建物の耐震要素の基本耐力から計算し、木造軸組の荷重と変形量(変位)の関係の復元力特性を求めるため、耐力係数、建物の堅さを表す剛性、揺れが一往復するのにかかる時間間隔の固有周期、エネルギー消費率を表す減衰定数などを導き、地盤と地震動で地震動と建物の揺れ方との関係を表す加速度応答スペクトルと建物の復元力特性の交点が応答値となり、これが危険ゾーンの1/15以上から安全ゾーンの1/30以下のそれぞれの応答領域のどこかで判断し、安全ゾーンに入る為にどうすべきかを検討します。

数年前に愛知のACCで行なわれた限界耐力計算法の講習会も受けていたんですが、当時も良くわからなかったんですが、今回もなんとなく聞いた事あるなあ程度でした。やはり実際に建物を一から調査し、計算して考えて苦労しなければ判らないのかとも思います。

個人的にはヘリテージマネージャーの講習を受けた事と、以前から伝統的な構法の建物で現代的な固める耐震補強を行なうことに違和感をもっていましたので、この計算法をもっと学んでいきたいと思います。
posted by 川島勝久 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする