2019年01月19日

認定低炭素住宅

 昨日、認定低炭素住宅、正確には低炭素建築物新築等計画認定申請書で低炭素建築物新築等計画に係る技術的審査依頼書を
第三者機関の審査機関に出してきました。

書類の名前が長くてわかりにくいですが。

低炭素建築物とは二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物ということで、これは特定行政庁の認定をうける申請です。

 住宅の基準は外皮平均熱貫流率が基準値(名古屋市内0.87)以下、冷房期の平均日射熱取得率が基準値(名古屋市内2.8)以下となること。
 また、設計仕様の一次エネルギー消費量が基準仕様で算定した建築設備の一次エネルギー消費量に0.9をかけ、家電等に係る一次エネルギー消費量を足した値以下であること
 その他の低炭素化に資する措置として節水の機器とか雨水利用、ホームエネルギーマネジメントシステム、太陽光発電、木造住宅などの措置が高ぜられている事などです。

 外皮計算は長期優良住宅の申請になれていますし、一次エネルギー消費量の計算も国立研究開発法人建築研究所のHPで計算プログラムは公開されていて、なんとかなります。その他の措置もなんとかクリアできます。

 やってみればなんとかなります。省エネについて今までかなり色々な講習があり、講習代を払って勉強してきましたので、役立っています。


ところで2020年には義務化されるとの話だったので、建築士として当然の必須知識と考えていましたが、なんか延期になったとか。

え〜!です。。。。業界団体が反対しているのでしょうか?

まあ私個人としては省エネに配慮した設計はやった方が良いと思っています。

理由はまず建物の燃費がよいことです。

 エネルギーのランニングコストが良い事は住む人にとって将来有利になります。今、いつ、いくらもらえるかわからない年金生活者になった時にエネルギーコストは安い方が良いに決まっています。

あと、ヒートショックなどの体に対する負担も軽減されます。

 現在の家づくりでは断熱材を入れないつくりはないと思います。またペアガラスも当たり前です。であれば、きちんと計算する事で、もう少し性能を上げるための予算をかけていた方が良かったと後悔することもないでしょう。

 デザインの良い住まいもいいですが、形だけではなく、性能のデザインも良い住まいであることも大切なんだよなあと考える今日一日でした。

posted by 川島勝久 at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

グループホーム

本日は、もうすぐ完成のグループホームの現場に行きました。

0095-0213.gif

完了検査の準備の為に書類作成して、確認機関に提出。

人にやさしい街づくり条例もありますので、こちらも行政に書類を提出。

これで検査を受けて、いよいよ完成です。
posted by 川島勝久 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

我が家の寿命を20年延ばすコツ

 今日(今、零時まわっちゃったので、正確には昨日)はコープハウジング東海さんのパナソニックショールームでのイベントで講師をやらせていただきました。

タイトルは「我が家の寿命を20年延ばすコツ」です。
サブタイトルは「エンディングリフォーム」です。

人生80年でもしかしたら今や100年ではないかと言われる時代。
 年齢70才や80才の方は昔はもうお年寄りと思われていましたが、私の廻りの人も含めて、現代はそのお年でもアクティブで若々しい人が多いです。

 定年退職しても20年あります。この時のリフォームがただ単に表面的なものの取替だけではなく、これからの20年の暮らし方や年齢に応じた暮らしの器、それらに耐えうる性能を確保する事などを考えたリフォームにすることが大切だと思います。

そんな事を考えて頂くような講座としました。

 人前でしゃべるのはあまり得意ではなく、うまくお伝えできたかはわかりませんが、最後までお聞きいただいた参加者のみなさんには感謝したいと思います。

 住まいづくりのコアな情報が、建築士の口から直接聞けるのはなかなかありません。本日、日曜日もイベントはありますので、ご興味があれば是非ご参加ください。
posted by 川島勝久 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

久しぶりのブログです。

久しぶりのブログです。

昨年は街並調査などで忙しく、ブログの更新ができませんでした。

少し余裕ができたので、ぼちぼち更新しようと思います。

昨日は、昨年末に竣工したリフォームのお宅に竣工時の図面や工事写真、議事録等を納めたDVDを渡しにお伺いしました。

このお宅はLDの改修と収納の改善や省エネリフォームを行いました。

住まい心地の感想は、この冬も暖かく過ごして見える事や、お母様やお子様の評判も良かったそうです。
無垢板のフローリングも好評でした。

お客様の喜んでみえる姿をみると、少しでもお役にたったのかなと思い、良かったなと思います。

新築もリフォームもデザイン以外に性能や目に見えない心地よさは大切です。見た目ではなく、五感に感じる心地よさを求めて、また勉強しなくてはと強く感じています。



posted by 川島勝久 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

確認申請が降りました。

本日、グループホームの確認申請が無事に降りました。

とりあえず、第一段階終了。

去年の秋から、プランや開発申請手続きや補助金申請のサポート、設備内容の見直し、などなど

時間があるようでなく、いつまでも課題が保留状態は意外にストレスとなる。

とりあえず、本日一つ目をクリアして、お盆の前の少しの開放感にひたっています。
posted by 川島勝久 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

家電の前線はリスクがいっぱい

先日、やっと冷蔵庫が来たんですが、冷蔵庫一つ買うにも色々あるもんです。

我が家の20年くらい使用していた冷蔵庫がとうとう壊れてしまい、必要に迫られ、早速、妻と家電量販店へ。

最初に行ったお店では、説明してくれた女性の店員があまり商品情報に詳しくなく、また主婦目線での納得のいく説明もなく、ただカタログのように機能の説明だけをしていたので、そそくさと、次の店に行った。

次の店も女性店員さんが対応してくれたが、かなり商品情報も詳しく、主婦目線での説明も感じが良かったので、そこで購入する事にした。

すでに子供も巣立ち大きな冷蔵庫は不要なので、小さくてもいいからお値打ちな物をと考えていました。

前は360ℓでしたので、それくらいでありながら、省エネ性能が高い物がいいと思いましたが、300ℓ代も400ℓ代も余り変わりなく、省エネ性能が高いとお値段が高くなるという事でした。

ならば、将来の事を考えると省エネ性能は高い方がよいし、妻の要望で野菜室の一番大きいので、420ℓくらいの冷蔵庫でもいいかと思い決めました。

他も見ていて、巾が650巾の両開きの冷蔵庫もあったので、「これどう?」と言ったら、店員の人がすかさず「お家に入りますか?」と言われ、自信がなかったので、巾600の物にしました。

一週間して冷蔵庫が来る日に、私は仕事で家に居なかったのですが、妻からメールで「家に入らないと言われた」とありました。

私は650では入らないので600にしたはずだが、と思ったのですが、実は高さが問題だったようです。

我が家は古いマンションで玄関扉は高さ1800で、部屋の入口も1800です。購入したのは1820くらい。

斜めにしたら入るでしょう?と思ったのですが、配達した人曰く「梱包を取って、入らなければ私たちが買い取りしなくてはいけないので、できません」だったそうです。で、結局1750の高さ限定で買い替える事に。

そして、その高さ1750の冷蔵庫がやっと先日来たということなんですが。

なんか、腑に落ちないです。

前にもお客さんのところで、洗濯機の巾が扉ぎりぎりで「入らないので。買い替えてください」と言われ、替えた事を聞きました。あとからベテランの家電運搬の人が他の家電を持って来た時には「私なら入れれるけど、今の若い配達員ではできないかも」と言われたそうです。

つまり、努力しようとしても梱包を開けたら、入らなければ、買い取らなければいけないと言われているのなら、自信がなければ、「入りません!」と言っておけば、安心ですよね。

だったら、店側も扉の大きさなどを計って来てください。くらい言ってくれればいいのではと思います。

リスクは結局、前線の人間に覆いかぶせる構図ということ、なんですね。

設計では扉の高さや巾は家電や家具のサイズで決めないといけないと肝に命じています。
posted by 川島勝久 at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

ゴールデンウィーク突入!

いよいよゴールデンウィーク後半戦。でも雨です。

私は、仕事です。(どこにも遊びに行く予定がないので)

4月は大変でした。

 自宅マンションのお風呂の桶が壊れて、改修。ついでに伝説の畳のある私の仕事部屋の改修(畳を板の間にして、壁をクロス貼っただけ)なんですが。。。

 お風呂はタイル張りのお風呂でしたが、今風のユニットバスにして欲しいと妻のご要望に応えようと思いましたが、メーカーの人が見に来て。瞬時に「無理です。」と言われました。
 内寸が小さすぎて入らないとのこと。小さいサイズにも合わせられる某メーカーさんでしたが、それでもダメだったのです。(もっと小さいサイズも作ってよ!)

 ということで、浴槽を据え置き型のポリバスにして、壁をアイカの浴室用のパネル張り、床はポリバスとの段差を小さくするためにTOTOのカラリ床のざら板としました。

 と簡単に図面を買いて業者さんに指示したのですが。。。

 現場はパネルを張る為に、腰までのタイルをはつり、壁の直角が狂っているとのことで、他もはつり(RC造の壁ですごく直角が狂っているなんてどんな建物よ!と怒りました)、その影響で防水を掛け直し、四苦八苦していました。又、はつりのホコリがすごいんです。コンクリートのはつりと土壁の解体のホコリは粒子が小さいのか、どこまでも入ってきます。襖で閉じていた部屋にもホコリが侵入して、妻にも「プロなのに!。。。」と無言のプレッシャーを掛けられました。

 私の仕事部屋は伝説の畳(図面を書くのに昔?は製図台で書く為にキャスター付きのイスで畳に直に載せていたので、すれて畳表が悲惨な事になっていたのです。)を撤去して、新城の杉生さんの杉板のフローリングに張替です。

 と簡単に図面には書いたのですが、工事をする為には、仕事部屋のパソコン、プリンターから家具、数十年分の資料やら、書籍やら、ゴミやらを移動させたり、廃棄したりと大変でした。

 お客様にはよく「リフォームの時には入らない物を整理できるチャンスですよ」と説明していたのですが、もし今回そんな説明を受けたら、絶対に「余計なおせわじゃ!」と言いたくなりました。

 お風呂も工事したので、近くのスーパー銭湯に通ったのですが。。

 最初の内はそういうのも楽しいのですが、3日もすると段々と鬱憤が溜まります。(小さい頃は家にお風呂がなかったので、近くの銭湯に歩きながら通ったもんだったんですがね。)

 人間、便利に慣れるとよけい不幸を感じるのでしょうか?

 で、よせばいいのに勢い余って、名古屋の事務所からJパネルで作った1.5mの本箱と1.5mのでかい机を持ってくる事を思いつき、またまた事務所の書籍や資料やら、カタログ、ゴミの整理に奔走!(なんと半分以上は不要な資料や古いカタログでした。)

 あとは家の居間(現在は子供室のまま)に積んだ書籍や資料を片付けて、家具を移動して、居間に復活させようというところで、一旦休憩となりました。(このまま続けたら、仕事ができなくなります。)

 不要な物は一旦納まる所に納まっていると、片付けないものなんですよね。それが、部屋の出入り口あたりに積んであると、処分したくなります。でも本箱に一旦納めちゃうともうダメなんでしょうね。処分するのにまた数年待たなくてはいけなくなるのでしょう。

 一応、整理収納アドバイザー2級を取得しているのですが、とても人様に整理収納を語る資格はないです。だって、今回、整理収納って大変な事なのが良く分かり、簡単には整理してくださいとは言えませんよね。(でも言うと思いますけど)
posted by 川島勝久 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

昨日から仕事始めています。

会社に着くと今年も年賀状が来ていました。

毎年お世話になったお施主様には年賀状を送らせていただいています。

今年も、「元気ですか」とか「今年も活躍をお祈りしています」とかいただきます。

住宅は永く住んでいただくものですから、建築当時小さかったお子さんが大きくなっている方もみえます。

そんなお子様がかいてくれたんだろうなと思う、少し緊張したひらがなで「とてもすごしやすいいえをつくってくれてありがとうございました」といただきました。かわいくてうれしくなるコメントです。

また、10年以上も前の方から「今になってバリアフリーの有り難さがわかってきました」ともいただきました。当時まだ活力のあるご夫婦の住まいを耐震補強とバリアフリー化したことを思い出しました。

完成当時、業者の監督の稚拙さからおしかりを受けたこともありましたが、この一言でほっとしました。

家は建てた時が一番良いのではなく永く住んで価値が保てる家でなくてはいけないと思っています。

派手で流行のデザインだけではなく、永く飽きのこないデザイン、そして耐震性や耐久性、省エネ性能やバリアフリー性能などをまじめに地味に追求している設計が結局、永く住まうことのできる家になると思うのです。

新年を迎え、さらに勉強してよりよい住まいを設計できるようにしたいと強く思いました。

今年もよろしくお願いします。
ラベル:バリアフリー
posted by 川島勝久 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

コープさんに紹介されました。

先日、「内窓の威力」でご紹介した「はばしたの家」のリフォームの紹介がコープハウジング東海さんの「コープの新築・リフォームここだけの話」に紹介されました。

http://blog.livedoor.jp/tokai3coopsumai-coop/archives/4259219.html

コープハウジング東海さんは前身はコープあいちさんの住まいの事業部さんだったんですけど、独立してコープハウジング東海さんになりました。

コープあいちさんとはもう10数年のおつきあいです。

 コープあいちさんは10数年前から「住まいの健康」をテーマにして当時まだあまり知られていなかった「シックハウス問題」を真っ向から取り組んで、白蟻駆除材は使わず、定期点検をすることをお勧めしたり、塗料などは有機溶剤の少ないドイツ製の塗料などを推奨したり、ビニールクロスもできるだけ使わない、また畳は低農薬のいぐさと防虫シートを柿渋シートに変えるなどの取組をしてきました。

 今でこそシックハウス法ができて接着剤に含まれるホルムアルデヒドなどの規制でF☆☆☆☆なんていうのは当たり前になったんですが、それ以前から住まう人の健康の為に取り組んでいたんです。

 また、環境問題にも取り組んでいて、今は新築は全て長期優良住宅にするようにしています。また、今後はさらにゼロエネルギー住宅も目指しています。

 コープあいちさんの安心で安全な取組はそういった観点も際立っているんですが、なんといっても「設計と施工の分離」を基本理念としていることで、設計者の必要な工事は設計施工でなく、分離させる事で、組合員さんにとって安心して新築やリフォームが進められ、さらにその中心にコープあいちさんがいる事で、設計や工事が組合員さんのためになっているのか、また理念から外れていないかなどのチェック機能も働いているのです。

 コープハウジング東海さんのイベントはくまなく各地で行われています。新築やリフォームをお考えの多くの組合員さんは早めにイベントで勉強されています。しかも拍子抜けするくらい営業はしませんので安心です。一度覗いてみてはいかがでしょうか。
ラベル:コープ 内窓 温度
posted by 川島勝久 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

メシモクワズニ

本職ではありませんが、私のCADではパースが描けるので、「ちょろちょろっとやればできるだろう」と声を掛けられました。

パース5.gif
コンピューターの事が判っていないおじさん達はこんなことを言ってきます。「コンピューターだからボタン押せば簡単だろう」とも言います。

実はそんなに簡単ではありませんが、お人好しの私は「いいよ」と安請負してしまいます。

結局、空いた時間を使って作業していましたが、うまく進まず日曜日にラストスパート。

お昼ご飯抜きでした。

R階段が難しかった。
posted by 川島勝久 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする