2014年12月16日

内窓の威力

昨日は、はばしたの家の1年点検にコープハウジング東海の担当者の方とお伺いしました。また、取材ということで、チラシ担当の方もお見えでした。

1年経って不具合があるかどうかの点検です。下駄箱の吊り戸棚の扉が少し下がってきていたので、手直しを業者さんにお願いすることになりましたが、他は大変満足です。というお言葉をいただきました。

特に、無垢板のカバのフローリングは好評で、床材に無垢板のフローリングは思いも寄らなかったそうで、私から無垢板フローリングの良さをご説明して採用していただいたのですが、それがとても良かったそうです。

冬の寒さも合板フローリングに比べたら、少し暖かく感じられ、夏は適度に調湿してくれて、気持ち良いそうです。また、奥様からは、思った程手入れが大変ではなくて、気に入ってみえるそうです。お家にお見えになるお客様の評判もよく、なんの木ですかと質問されているそうです。

また、内窓についてもお話があり、リクシルの内窓サッシのインプラスでペアガラスを採用したんですが、サッシの結露がなくなって、すごいです。と感動されていました。丁度、表面温度計を持っていたので、早速内窓部と外のサッシの部分を計測してみたら、エアコンで暖房されていて、天井で17℃、内窓で16℃床で15℃でしたが、内窓を開けて外のサッシを計ると10℃でした。6℃の差です。効果が出ていました。

あと、間取りについてもお話があり、以前は玄関入るとすぐ階段でしたので、お子さんとの会話が成長と共になかなか出来なくなっていたんですが、階段を奥に移した事で、玄関からまず、居間を通って階段に行く事によって自然とお子さんとのあいさつや、会話ができるようになったのが良かったと言われました。

自然と気持ちの良い居間にご家族が集まって会話がはずんでいたのでは、と思います。

気持ちの良い空間のお褒めのお言葉をいただきながら、楽しい時間をすごさせていただきました。

お施主様の生活して感じられた生のお声は大変参考になります。もちろん良いことばかりではなく、不具合もあるのですが、それらも含めて、参考にさせていただけるのはありがたいと思います。毎回、教えられる事が多いのですが、それらを知恵として、次につなげれるようさらに精進していきたいと思っております。

どうもありがとうございました。

DSC04448.gif
posted by 川島勝久 at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | はばしたの家リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

やっとクロスが貼れました。

やっとクロスが貼れました。

0217-1204.gif

4日もかかりました。

健康に配慮して、ビニールクロスではない物なので、貼りにくいそうなんですが。

工期が延びていたので、残業してと言ったそうですが、職人さんはどこ吹く風でマイペース。
監督さんは怒りを押えていたそうです。

監督さん!お疲れ様でした!

仕上がってみると、お施主様も、監督さんもみんなして「いいねえ」「前と全然違ってよくなったねえ」とお褒めの言葉をいただきました。

0222-1204.gif

家具も雰囲気にあう物を入れていただき、いい感じです。

やっと日曜日にお引き渡しです。

あとは、耐震補強の補助金の書類をまとめるだけなんですが、これが結構大変なんです。
年末に向かっていますが、あと、ひとふんばりです。
posted by 川島勝久 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | はばしたの家リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

クロス屋さんはいづこ?

ここで止まるとは!

駆け込み需要で大工さんが不足しているのは、なんとかなったんですが。。。

工期はすでに過ぎていましたが、お施主様にお願いして待ってもらって、大工工事完了、あとはクロスの仕上だけと思っていたんですが、すでに2週間も空いてしまいました。

現場の前にワゴン車が来ると「おっ!クロス屋さんかな?」とみんなして期待するのですが、電気屋さんだったりして。

あげくの果てには、電気屋さんやら、サッシ屋さんに「あんたクロス貼れないの?」と質問する始末です。

あと、少しで完成なんですが。くやしい!

0198-1127.gif
posted by 川島勝久 at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | はばしたの家リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

はばしたの家リフォーム

セカンドライフの為のエンディングリフォームです。

0150-1016.gif
築35年前の住宅のリフォームです。

この住まいの間取りは中央に階段があり、東西に部屋が分かれていて、玄関ホールが建物の割には無駄に大きな間取りでした。また、南側敷地には3階建てが建っていて、日当りが悪く、冬はかなり寒いお宅でした。

リフォームの目的は北側の寒い台所と居間を繋げて広くし、できるだけ明るい家にしたい。冬寒くない家にしたいでした。

そこで、中央にあった階段を西側に移動し、広い玄関ホールを取り込み、居間と食堂と台所を繋ぐ事ができました。また、部屋を明るくする為にトップライトを2カ所取付けました。

昼間、現場でボードが貼られた状態で照明を消しても、トップライトのおかげで少し明るくなっています。

ただ、気をつけなくてはいけないのは、夏は反対にトップライトからの直射日光で暑くなることです。ロールスクリーンを取付けるかどうするか、色々と迷いましたが、あとでブラインドの取付もできるとの事で、とりあえずルーバーで様子を見る事にしました。

そして、耐震補強工事と断熱工事も行なっています。

解体して分かった事ですが、まず、アンカーボルトのナットが全て付いていませんでした。驚きです。また、下屋根のルーフィングが壁際できちんと立上がりが無く、裏から光が差し込んでいました。こんな工事がまかり通っていたんですね。今では考えられないです。

0011-0822.gif
アンカーボルトにナットがない

0171-1031.gif
よく見ると内部から下屋根からの光が差している

もちろん断熱材なんて入っていません。寒いはずです。

リフォームする時には地味かもしれませんが、耐震補強と断熱工事や、建物の欠陥部分はできるだけ解決しておくことが、少しお金はかかりますが、結局長く使い続ける事になるのではと思います。費用を考える時にはこういった部分にも予算を考えておくと良いと思います。

さて、はばしたの家もいよいよ佳境に入りました。先日もクロスの色や外壁の塗装の色で、お客様と検討してきました。

完成が楽しみになってきました。明日は現場定例会です。がんばって行ってきます。
posted by 川島勝久 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | はばしたの家リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする