2015年09月28日

耐震改修工事補助金申請

耐震改修工事の2件分の補助金申請もいよいよ大詰めとなって来た。

思い起こせば、T邸の書類を出したのは8月10日くらいで、最初の口頭で指示された訂正をお盆前に提出。そして文章での訂正指示が9月9日あたり。文章での訂正事項は事細かく、指示がありましたが、大至急訂正。

工務店の見積りの訂正もあり、やや遅れて、9月18日(金)には持って行ける予定でしたが、役所の担当の方はお休みでシルバーウィークの連休明けに持ってくるようにとの指示。

連休明けに打合せしたが、微細な事でまた訂正。大したことではないが、計算書を打ち出し直しなので、明日持ってきますと言うと、明日は打合せ予定で詰まっていて、無理とのこと、また土日を挟んで、本日の提出とあいなりました。

もう一件のH邸の書類は7月22日くらいに出した物が9月7日あたりに文章指示がきています。こちらも大至急訂正。2件重なると思考が一緒なので、訂正も早い。役所の担当者も隣同士なので、こちらが終われば、あちらへと効率も良い。

あと少しで申請完成です。思えば、気が長くなったもんです。昔なら怒鳴りちらしていたと思いますが、今はじっと我慢。だって、公務員の方々には夏休みとシルバーウィークで大いに遊んでいただかないと経済が廻らないんですもんね。

昔は耐震改修の補助金申請には1ヶ月かかります。と言っていましたが、これからは2ヶ月以上かかりますと言う事にしよっと。
ラベル:耐震改修
posted by 川島勝久 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

杉板の注意

4月に入り、やっと暖かくなり、桜もみごとに咲いて、気持ちの良い日になってきました。

先月初めから少し忙しくて、ご無沙汰していました。

3月14日〜15日は吹上ホールのあいち住まいるフェアで3日間連続で「リノベーション学校」でセミナー講師をしていました。結構疲れますね。

それ以降は、我が家の小さな改修工事で、荷物を移動させたり、片付けたりで結構大変でした。
もうすぐ完成ですが、今までお施主様には「こういう時にいらないものを整理してください。」とか言っていましたが、そんな簡単な事ではないことが良く分かりました。すいませんでした。

ということで、整理収納がテーマだった城東の家が先月完成しました。

0145-0317.gif
新城の杉生さんの杉板フローリングがきれいに張られています。

 床の養生がとれたので、みんなで掃除しながらプラネットカラーの床用の自然塗料系のワックスを塗りました。
ついでにステンレスのキッチンや他の部分を清掃していたのですが、ふとみると、杉板フローリングに灰色の点々が。

0129-0317.gif

なにかなと思って色々と考えた結果、レンジまわりを掃除するのに使う「しつこい油汚れをすばやくラクに落す強力洗剤」だと分かりました。

 試しに杉板に吹き付けてみたところ、最初は泡から透明の液体に変わるのですが、しばらく放置すると、変色していきます。

容器の注意書きをよく見ると「白木には使用しないで」と書いてあります。

 メーカーに問い合わせをしたところわざわざ電話で返答をくれました。やはり白木のような吸い込みのある無垢板ではほこりと一緒に入り込んでしまうとのことです。

 業者の監督さんが「早めにペーパーをかければ取れるかも」と言って細かい紙やすりで丁寧にきれいに拭き取ってくれました。

 お施主様にも強力洗剤が床にこぼれないようお願いして、清掃を完了しました。

床に無垢板フローリングをお使いのみなさんも気をつけてくださるようお願いします。
ラベル:城東の家 洗剤
posted by 川島勝久 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

城東の家リフォーム

城東の家のリフォームがもうすぐ完成です。

0112 0305.JPG
6帖の居間と6帖の和室と廊下を取り込んで一室にしました。そのために階段の位置も変更し、耐震補強工事も行いました。また、南北に長いお宅なので、直接の採光が出来ず、寒い部屋になるので、せめて床板は暖かみのある杉板フローリングを提案しました。

 また、寒い廊下に出てからトイレに行くのではなく、居間、DKから直接入るように間取りの変更もしました。

 お風呂も寒いタイル張りだったので、ユニットバスと考えましたが、予算が合わなかったので、洋室用のパネルとフクビの浴室用の床シート「あんから」にしました。タイルのように冷やっとしない、足裏の熱が奪われにくい素材です。

 今回のリフォームも予算との闘いです。リフォームの場合は工事費以外に内部の不具合の為に最低限でも工事費の1割は余力を持っていただくてはいけないので、厳しい工事費となります。

 リフォームをするコンセプトを明確にし、優先順位を決め、しかも耐震や省エネなどの性能をあげながら設計していくのです。

 ということで、明日は予算から削除した杉板フローリングへの自然素材のワックス掛け(プラネットカラーの床用ワックスです)をお施主様と一緒に塗る事になっています。

床のワックス掛けは結構、足腰にきついのですが、日頃の運動不足解消には丁度いいかと思って、がんばります。
posted by 川島勝久 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

工事完了

昨日、ほら貝の家のリフォームが完了しました。

住みながらのリフォームで大変でしたが、お施主様の評価もよかったです。

 まず、お風呂がユニットバスに取替したのと、窓をペアガラスにした効果でお風呂が暖かくなりましたと言われました。
 また洗面所を廊下を介さず、居間から入れるようにしたことで、洗面所も暖かくなったそうです。

0049-1224.gif
 トイレは将来の為に廊下側から入るドア以外に洗面所から車イスでも入れるように2枚引込み戸にしたんですが、実は日常的に動線が短い事や、暖かい事で、居間から洗面所へ、そしてトイレへと入るように使っているとのことです。
 居間の南側の大きな掃き出しのサッシにも内窓サッシを付けました。これも断熱効果があり、良かったとのことです。

0057-1224.gif
 そして床材はトイレと洗面はコルクとし、居間と台所はタモの無垢板のフローリングです。玄関ホールはまだ以前の合板フローリングですので、ホールと居間との間で足をそれぞれに置いてみますと差は歴然です。おそらく夏は足触りの気持ちの良いフローリングになるでしょう。
 他が暖かく感じるので、内窓処理できていない北側の一部窓や勝手口ドアから冷気を感じます。ここは予算上厳しかったので、できれば対策として、ガラス面にプチプチ君を貼って少しでも冷気を削除してくださいとお話しました。また、古いエアコンがまだあったので、これも新しい方が省エネで家計にも優しいです。一度にはできませんが、少しづつ改善していただくようにお話しました。
 色々と改善しながら快適な住まいになるよう今後もおつきあいしていきたいと思っております。
posted by 川島勝久 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

床が貼れました。

ほら貝の家の台所の床が貼れましたので、確認してきました。

0023-1202.gif

このリフォームは浴室のタイルが剥がれていて、どうしたらよいかと言われてから始まったリフォームです。

最初はタイルの話でしたが、話をお聞きするうち、浴室が寒いとか、ねこちゃんの爪研ぎはどうしたらよいかとかで1年近く打ち合せをしました。

タイルの浴室は寒いので、ユニットバスに入れ替えをお勧めし、窓もペアガラスに変更。冷気が降りてくる階段につながる廊下から洗面所に入るのをやめて、動線を変え、居間から直接洗面所に入るように変更しました。寒い洗面所から浴室へ入るのはヒートショックの原因となるからです。

ついでに隣のトイレに洗面所から車イスでも回転しながら入れるように2枚引込み戸を取付けます。これは将来お母様の為ということと、自分たちの為の用意です。

床材は冷たい合板フローリングをやめ、タモの無垢板フローリングとしました。ワックスは匠の塗油です。無垢板に膜を貼るようなウレタン系は使いません。見た目は艶もあってきれいなんですが、せっかくの無垢板の調湿効果とあたたみのある足触りがなくなるからです。

よく無垢板のフローリングはメンテナンスが大変だからと言って敬遠される方もみえますが、メンテナンスも合板フローリングとそんなに変わらないと私は思います。

私の家も合板フローリングの部屋とゴムの木の無垢板フローリングを貼った部屋がありますが、そんなに掃除をこまめにしている訳でもなく、洗濯機やキッチン廻りも水がついたら気にして頻繁に掃除するわけでもないんです。

無垢板はアウロ製のクイックルワイパーみたいな自然塗料系のワックスを染み込ませた紙をパチッと取付けてスイスイと拭いていますが、汚れはそれぞれ同じ感じで、無垢板の方がひどい訳ではありません。それよりも無垢板フローリングの上を歩く気持ち良さは格別です。合板ではペタペタして気持ち悪いです。

こんな話もお施主さんにして無垢板にしたんですが、実はすでに2階の一部屋もタモの無垢板フローリングにして好評だったんで、今度の居間、食堂もそれにしようとなったんですけど。

もう少しで完成です。最近寒くなりましたが、職人のみなさん!よろしくお願いします。
posted by 川島勝久 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

猫も喜ぶ。きもちの良い床

猫はどうやら知っているようです。一番きもちの良い所はどこかを。

先日、ほら貝の家のリフォームの竣工チェックに行ってきました。

0012-0922.gif

床はカバの無垢板フローリングです。塗装は無垢板が呼吸できるように自然塗料を塗っています。無垢板が呼吸できれば調湿効果が期待できますし、なんといっても足触りがとっても気持ちいいです。

0013-0922.gif

窓は内窓サッシのインプラスを取付ています。

壁は既存の断熱材は1センチ程度でしたので、断熱材のウレタンを6センチほど発砲吹付けしています。

壁の表面温度は27℃程度、外気温との差が不明でしたが、11時頃でおよそ30℃を超えていていたと思いますので、効果はでていると思います。今度正確に計ってみたいです。

この家には猫ちゃんがおみえです。すでにその猫ちゃんもここに来て竣工検査していったそうです。

監理費少し分けてあげなくてはいけませんかね?
posted by 川島勝久 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 戸建リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする