2017年05月23日

地盤調査

昨晩はインスペクターズ東海さんの勉強会に参加しました。

テーマは「地盤調査と建物沈下修正工事」です。

講師は愛知ベース工業の営業の鈴木氏です。

 現在住宅の地盤調査で主流になっているのはスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)ですが、標準貫入試験のように土のサンプルがとれないので、土質は建物廻りの過去の地盤調査のデータなどを参考にロッドの回転する時の音や沈下量を経験値から推測します。

 ですから経験値によっては、腐植土などの固化材に悪さする土質が見抜けない事もあるそうです。
 腐植土は酸性を帯びる場合があり、セメント固化材はアルカリ性ですので中和されて固化しないことがあり、沈下の原因に成る場合があります。

 そこで簡単に土質が推察できるスクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)という試験方法が紹介されました。
 これはロッドの回転時のトルクと沈下速度で土質を推察します。砂質や粘土質、腐植土などがデータ化されて推察できるそうです。

 かっては湿地だったところなどは特に注意が必要です。でも、現在は団地化されるとその土地の履歴がわからなくなるんですよね。地名も変ると特にわかりませんね。

 講座では地盤沈下の家の沈下修正の工事も紹介されました。家の基礎の下に人が入れるほどの穴を掘って(敷地が狭いと人力だそうです。)ジャッキで鋼管杭を圧入していくそうです。

 杭の長さにもよりますが、支持地盤の深さが10mを超えると1000万円くらいかかるそうです。それでは建替えた方がよくないかとも思ってしまいます。

 昔、基礎より上の土台をジャッキアップする工事を見た事があります。見事に水平にもどってすごいなと思ったんですが、その家の方は少しも喜んではいなかったんです。だってただ単に水平になっただけで、キッチンや部屋が新しくなった訳でもないのに高い費用を払わなければいけなかったんですからね。

 やはり基本は地盤調査をして、できるだけ正確に土質を把握する事と改良工事については地盤調査会社の考察のみを鵜呑みにせず、設計者もきちんと検討することだと思います。

 まだまだ勉強しなくてはいけないんですよね。
posted by 川島勝久 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

プラネットジャパン

本日、プラネットジャパンの営業マンさんが訪ねてみえました。

プラネットジャパンとは、自然塗料のメーカーさんです。

 ドイツ・クライデツァイト社との共同開発でプラネットカラーやドイツ本漆喰のプラネットウォールなどを扱ってみえます。

 プラネットカラーは100%植物油と植物性ワックスを使用した浸透性の純自然塗料です。原材料はきちんと公開もしています。ドイツのエコマガジンでも安全性や環境に配慮した製造方法が評価されているそうです。
 現在は天然の松の油(バルサムテレピンオイル)を溶剤として使っていますが、今後は無溶剤が主流になっていき、こちらも先んじて取り組んでいるそうです。

 クライデツァイト社は青空市場で有機野菜を販売していたツィーゼマン氏が化学物質を含まない伝統的で安全な自然塗料の作り方の説明を始めていたのがきっかけで会社ができました。
 現在ではドイツ北部のザーレムという小さな村にあり、従業員は20数名以上になりましたが、最新式のミキサーとオイルを精製するポット以外は、今でも機械らしきものは見当たらず、毎年春になるとツバメが軒下に巣をつくり、工場裏手のカボチャ畑では使い残しの壁材などを堆肥として、秋にはパンプキンスープになって楽しんでいるそうです。

 クライデツァイト(KREIDEZEIT)とは、ドイツ語で白亜紀という意味だそうです。白亜は同社製品の中でも最も重要な原材料であり「大昔からの自然素材を用い、伝統的な方法でつくる」という意味が込められているそうです。

 ツィーズマン氏は「ラスコー洞窟に描かれている壁画から現代に至るまで塗料は常に私たちと共に歩み続けています。卵やビール、脱脂粉乳を使って塗料が作られていた歴史があるのに現代の人々が合成塗料しか知らないというのは驚くべきことです。」とも述べています。

 今までも何回かカタログをもらっていたんですが、今回始めてまじまじと詳しくこの会社の経歴を読んでみて、信念を貫くすばらしい会社だなと感心しました。

 私自身も、もう15年近く、シックハウスを勉強して、自然素材に関心があるわけですが、世の中ではもうすでに流行が去ったように、シックハウスの事はあまり言われなくなってきていますが、危険がなくなった訳ではないんですよね。

 人はどうしても話題性の高い事が優先されて、そこで学んだ事が話題が去ると一緒に忘れてしまいがちですが、私たち建築士は安心で安全な住まいを提案していくのに、そこは最低限基本としてこだわっていかなくては行けないんじゃないかと思っています。

 建築は学ぶべき事が多くて大変なんですが、今後も流行に流される事なく、ひとつづつ基本を守っていきたいと思っています。

プラネットジャパン
http://www.planetjapan.co.jp/index.html

 
posted by 川島勝久 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

建替えかリフォームか 迷った時はこう考える

5月20日、21日に 名古屋のクリナップ・キッチンタウン名古屋にてコープハウジング東海さんの新築&リフォーム住まいの教室が開催されます。

私も20日の午後1時40分から講師をやります。

テーマは「建替えかリフォームか迷った時の考え方」です。

 家が古くなってきて、リニューアルしたいんだけど、耐震性も不安だし、古いからお金掛けても良くならないんじゃないかなと思われ、リフォーム費用が多額ならいっその事新築した方が良いかもと思われている方々のために役立つ講座です。

 色々と講座の内容を考えたんですが、やはりポイントはきちんと問題点を整理することかなと。
なんせ金額も大きく、専門的知識がかなり必要な分野ですから、きちんと整理しないと訳がわからなくなってしまいますよね。

私としてはその辺のところをどううまく説明できるかですかね。事例も紹介しながらがんばって説明しようと思います。

 この住まいの教室は私の講座以外にも「家づくりの最初の一歩」や「新築コストダウン7つの法則」、リフォームでは人気講座の「リフォーム業界の裏事情」「我が家の寿命を20年延ばすコツ」「らくらく使えるキッチンリフォーム」などがあり、専門業者さんの「屋根・外壁塗り替えのポイント」などもあります。

講座のほとんどは一級建築士が話します。建築士事務所というと敷居が高くて出会った事がないと思いますので、この機会に専門知識の豊富な建築士の話を聞くのも住まいづくりの参考になるかも知れません。

ご興味があれば「コープハウジング東海」か「建築士協同プロジェクト」で検索していただければ判ります。



posted by 川島勝久 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

既存住宅状況調査技術者講習

昨日は、既存住宅状況調査技術者講習に行ってきました。

朝から夕方までのみっちり講習です。

 宅建業法が改正され、平成30年4月1日以降は中古住宅の売買の仲介を行う宅建業者に対し、売主又は買主との媒介契約時に建物状況調査を実施する検査事業者のあっせんの可否を示す事や、一定期間内に建物状況調査が行われた既存住宅が取引される際には調査結果の概要を買主へ重要事項説明すること等を義務つけることとされる予定です。

 その調査を行うのが建築士でこの講習を受けた既存住宅状況調査技術者なんです。

 調査内容は構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分を目視にて行います。目視ですので、直接見える部分が少ないので、構造や防水の観点で主要な部分に劣化や不具合があった場合に発生する劣化現象が調査の対象となるんです。

 ただ、誤解してはいけないのは、この調査は瑕疵の有無を判定するものでは無い事。(劣化事象がないので隠れた瑕疵がなく、将来雨漏れはしないことを保証するものではないということ。)時間経過による変化がないことを保証するもではない事。関係法令の適合を判定するものではない事。そのまま瑕疵保険に入れる訳ではない事。などがあります。

 中古住宅を購入するのに、家の状況って素人目にはわからず、プロの知り合いもいない場合、宅建業者さんを信じて購入するしかないといった事が、この改正で宅建業者さんが調査の説明(あっせんができるかできないか)をし、あるいは1年以内に調査が行われていたら重要事項説明時に説明されるんです。

 あくまでも「あっせんの可否」でインスペクションの義務化ではないので、売主、買主のどちらかが調査依頼するか決めなくてはならないんですがね。

 劣化調査の内容は既存住宅売買瑕疵保険と同等の内容で、その他一定の条件がそろえば、既存住宅売買瑕疵保険に加入することも望ましいと考えられています。

 私も昔からときどき中古住宅の買主さんからインスペクションを依頼されましたが、昔は大変でした。ある不動産屋さんには睨みつけられ、売主からも「ケチつけにきたのか」というような顔をされながら調査したものです。

 でも今はだいぶインスペクションが知れ渡り、お互いに良い契約を結ぶには建物の調査は必要だよね。といった雰囲気があります。

 ちなみにこの講習実施機関ではホームページ等で既存住宅状況調査技術者の公開や相談の受付などもされるそうです。中古住宅を購入を考えて見える方は是非この制度を利用されるのが良いかと思います。
posted by 川島勝久 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

四号特例

結構晴天に恵まれたゴールデンウィークはいかがでお過ごしだったでしょうか?

私は、打合せと勉強でした。

何の勉強かというと、古民家の改修などで検討できる限界耐力計算法を勉強しておりました。

これは結構難しい。

さて、本日、日経ホームビルダーのウェブ版を読んでいたら「四号特例」の議論が載っていました。

 一般の方は知らないと思いますが、四号特例は小規模な住宅等は確認申請時に構造計算書などを提出しなくても良いという特例です。

 一般の方は、プロが建てるのだから自社で構造計算はやっているよね。と信じたいのですが、実態は、特に木造の多くは業者の下請けのプレカット工場(材木屋さんで機械で柱、梁を加工する工場)が計算しているという事です。

 しかもプレカット工場が計算した物件100件を許容応力度計算で計算したら全てNGだったという学会論文もあるそうで、ショックでした。

 設計事務所だったら計算しているんでは。と思われますが、こちらも木造の住宅だと多くはプレカット工場まかせです。

 四号特例では構造計算しなくても良いとはなっていません。

 国交省が編集協力している構造関係技術基準解説書の15年版の令36条の3の解説の一部では「設計者は仕様規定や構造計算に関する規定に従ったうえで、さらに設計者判断などを加えて、安全な構造となるよう設計しなければならない。〜構造計算書の提出を要しない小規模なものについても、また構造計算による安全確認を行う場合においても、その主旨を反映しなければならない」とあります。

 一般の方には何を信じてよいか判らないと思いますが、ひとつの目安は「許容応力度計算で計算しているか」あるいは「長期優良住宅や住宅性能表示で耐震等級2以上となっているか」などと聞いてみたりして、過去の物件の計算書をみせてもらったらどうでしょうか?

 でもみせられても判らないですよね。そんな場合は第3者のそれらを熟知した建築士に相談することが良いと思います。
 
posted by 川島勝久 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

木造住宅の構造計算

昨日、木造の住宅の構造についての質問がありました。

相談者は、ある工務店の営業マンが「当社は重心、剛心を基に耐力壁を配置してます。」と言われたのですが、ここは大丈夫ですか?との質問でした。

住宅の構造については、壁をバランスよく配置するのに4分の1の壁量計算や、重心と剛心の偏心率からバランスよく配置するという計算はあります。

ただ、みなさんが気になるのは、どの程度の強さにするかということではないでしょうか?

耐震の強さの基準は住宅では住宅性能表示の耐震等級というのがあって、耐震等級1(建築基準法の基準)耐震等級2(1.25倍の強さ)耐震等級3(1.5倍の強さ)と明確に基準と計算方法があります。

ちなみに長期優良住宅は耐震等級2としなければいけません。

ただ単に「強い家を造りますよ」と言われてもなにかしらの基準が必要で、それを確認するために、第三者機関に性能の技術的基準を評価してもらうことも必要ではないかと思います。

 チラシなどに「我が社は強い家をつくるのに、ホールダウン金物を設置しています」といったものがありますが、今は柱の柱頭柱脚に壁の強さに応じた金物を取付けなければいけないようになっています。強い壁にはホールダウン金物が必要で、つけなければいけないので、これは当たり前になっているのです。

世の中には情報が溢れて、何が正しいのかよく分からないと思いますので、そういうときは是非、専門の建築士(特に住宅に特化して経験と学習を行っている人)にご相談されると良いと思います。
posted by 川島勝久 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

小屋裏換気と雨漏れ対策

長期優良住宅では 劣化軽減として、等級2,3では小屋裏の換気があります。

夏の暑い空気が小屋裏に溜まると、室内は暑くなります。また、構造材の梁や母屋などの湿気対策にもなります。
木造では、構造材をできるだけ通気や換気によって、湿潤しないようにした方が長持ちします。

 この為に、小屋裏のある外壁に大きな換気口を設けたりするのですが、デザイン的にはあまり良くないので、できるだけ、見えないところで換気するように、空気を軒先から入れて、屋根の一番高い棟から抜くというのが、理想的な換気と考え、ディテールを検討するのですが、これがかなり難しいです。

 特に、下屋と呼ばれる、1階の屋根が外壁にぶつかったところです。軒先から空気を入れて、外壁にぶつかったところで小屋裏の空気を抜く穴を開ける為に、屋根の防水紙を破らなければいけません。もちろん漏水の可能性は高くなりますし、住宅瑕疵担保責任保険の基準にも合っていないので、専用の金物などを使って、検討します。

先日は、その換気の金物の専門メーカーのハウゼコさんの勉強会に参加してきました。

 今回はデザイン系の建築家さん向け勉強会のようで、内容もデザイン住宅の場合の換気金物の紹介が多かったと感じました。

 日本の気候風土では、古来より、軒の深い、勾配の急な屋根が良しとしてきましたが、デザイン住宅として、現在、軒が無い家とか、箱形になった家が多くなって来ています。当然、漏水や、小屋裏や壁内が換気できずに内部が湿潤になるリスクが高まります。

 このリスクを解決するような換気金物をハウゼコさんは研究開発しているということです。しかも「住まいの屋根換気壁通気研究会」という団体を立ち上げ、有識者からの意見を聞いたり、実験したりしているそうです。

 しかも内製率90%で、こういった勉強会をしながら、色々な質問や現場で困っている事を聞きながら、それらを商品開発しているそうで、5000種の商品になっているそうです。

 講演では、会社が大阪なので、しゃべりが関西なまりの神戸社長さんが、ややミヤネヤの宮根アナに似た調子でおもしろかったです。

 デザイン系の住宅では、モルタル壁も多いのですが、以外に壁通気を7割がしていないとか、ルーフバルコニーの立上がりパラペット天端からの壁通気のディテールがうまくできていないとか、あるそうです。また、小屋裏換気計算も実は根拠が不明なのではとか、勾配が緩い屋根は換気量が不足するなど、実践と研究からくる話が参考になりました。

 私の聞いた話でも、先ほどの下屋と壁との取り合い部分の換気を取る為に、雨は上から入るからと間違って解釈して雨押さえ板金を載せて、壁際で穴を開け、屋根防水を切っているという話を聞いて、恐ろしくなりました。雨は上から降ってくるだけではなく、風や台風の影響で吹き上げます。雨押さえ板金の隙間から吹き込んだ雨水はその穴にまで達したら、巻き返しがないので漏水するということです。図面にはその部分の指示はなかったそうで、専用の取付け金物すら知らなかったそうです。瑕疵保険の設計基準でも雨水の侵入防止として基準があるのですが、知らなかったのでしょうか。

 設計者は工務店まかせで、工務店は職人まかせで、職人は言われた事だけを施工していたら、どうなるのでしょうか。せめて、まじめに研究しているハウゼコさんのようなメーカーさんの勉強会でも参加したらと思うのですが、そんな事も考えながら、私自身も勉強させていただきました。

 



posted by 川島勝久 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

夢と現実

昨日は、住宅相談センターの「建築家が知っておくべき住宅ローンと資金計画術」のセミナーに参加しました。

住まいづくりで一番大切で、難しいことは資金計画です。

お施主様にしては、「いくらまで予算を出しても大丈夫か」とか「住宅ローンを返していけるか」とか「もっとお得な住宅ローンはないのか」とか不安はいっぱいです。

反対に住宅業者さんも「支払いは大丈夫か」とか、「予算オーバーでクレームにならないか」とかの不安もあります。

私も一度経験しましたが、設計の早い段階でお施主様に銀行に行って住宅ローンの仮契約をお願いしていたんですが、銀行が「そんなに慌てなくても」と言われたとのことで、そのまま設計が進み、工事見積りができて工事契約が迫って来た時に、銀行が突然貸せないと言われた事があります。
その時は他の銀行に駆け込んで、なんとか住宅ローンが借りられる事になって、一安心でした。

それ以来、お施主様には必ずこの話をして、銀行の住宅ローンについて、慎重に行っていただくようにお願いしています。

セミナーでは、補助金や優遇制度の説明があり、住宅ローンとの関係でいかにしたらお得になるかのお話がありました。また、どんな仕様の住宅にすると「すまい給付金」がお得にいただけるかとか、支払いに困らない住宅ローン選びや工事予算を増やす為の住宅ローンの組み方などの説明がありました。あとは気になる住宅ローンの金利をいかに引き下げるかのテクニックなどの説明もありました。

大変参考になるセミナーでしたが、お話を聞いていて、素人が生半可な知識で考えてもだめだとよく分かります。それにそれぞれの方の状況によって、対策は変わってくるのです。やはり、住宅ローンの専門家で第三者的な立場に立った人に相談された方が、相談料はかかりますが、結局お得になるのだということです。

深いセミナーのお話の最後に本日のタイトルの話がでました。それは「住まいづくりは夢(設計)と現実(資金)が車の両輪」ということです。

セミナー後、建築家のみなさんと近くのモンゴル料理のお店でモンゴルの民族衣装をまとって飲み会となりました。強いお酒に興味が湧き、頂いたのはよかったんですが、かなり酔ってしまったのは私だけだったかもしれません。

posted by 川島勝久 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

省エネ住宅ポイント

昨日、省エネ住宅ポイントの説明会に行ってきました。

名古屋の鶴舞公園の市公会堂です。すごい人でした。1階はひとだかりでしたので思わず3階まで上がって、壇上を見下ろす席へ。まるでオペラ鑑賞のような有様です。

省エネ住宅ポイントとは、住宅を新築やリフォームした時に、
1.窓の断熱改修、2.外壁、屋根、天井、床の断熱改修、3.設備エコ改修
のいずれかと伴うバリアフリー改修、エコ住宅設備の設置、リフォーム瑕疵保険加入、耐震改修
を行い申請すれば最大30万ポイントいただけるというものです。耐震改修を行う場合は最大45万ポイントになります。

ポイントは地域産品や商品券に替える事ができます。またポイントを追加的に実施する工事費用に充当する即時交換もあります。

対象期間は平成26年12月27日以降に契約し、平成26年12月27日から平成28年3月31日までに着工して、平成26年度補正予算成立日以降に完了したものとなります。ポイント発行申請の受付開始は平成27年3月上旬になる見込みですが、遅くとも平成27年11月30日までには締め切るそうです。ただ、あくまでも予算によりますので、それ以前に使い切れば終わると思います。

思い出すのは前回の時です。

確か、断熱材が品不足になって、確保するのに苦労した事を思い出します。おそらく今回もそうなるでしょうから、今から早めに省エネ住宅ポイントに関係なく対応策を考えておいた方が良いかもしれません。

お問い合わせ先は事務局が決まり次第、国土交通省のHPに掲載されるそうです。
ラベル:内窓 断熱材
posted by 川島勝久 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

サイディング勉強会

先日、インスペクターズ東海の勉強会でメーカーのニチハさんにお願いしてサイディングの勉強会があり、参加してきました。

サイディングといえば、もう住宅の現場ではおなじみで、いまさらなにを勉強と思ったのですが、意外にも判っているようで、判っていない事や、勝手な思い込みがあるのはこういう分野ではないかと思い、参加してきました。

ポイントとしては、外壁に求められている性能や機能が正しく施工されないと発揮できないということです。

施工基準としては高さが13m以下の建築物で施工法としては通気層の厚みが15mm以上の外壁通気構法で防水方法としてサイディング並びに防水紙と防水テープによる二次防水構造です。ニチハでは2001年4月から、外壁通気構法を前項の標準施工法に改定されています。

外壁通気構法はまず壁体内部の結露防止の防露性の向上と遮熱性、外壁からの雨水の進入水の排出がポイントです。

通気層の厚みは最低12mm以上ですが、防水紙のたるみや断熱材のせり出しを考慮して15mm以上必要とされています。15mmの隙間を作った胴縁(サイディング取付の下地材)は釘の保持力の確保が必要となります。米栂や赤松は15mm以上、杉は18mm以上です。釘も保持力を保つため、N65かCN65です。胴縁もたわみますので、木裏を外壁側にした方が良いそうです。

通気層の厚みについては、今はやりの現場発砲系断熱材では発砲が強力だと外壁部の通気層にせり出し、通気を阻害します。施工上の注意が必要です。

防水紙については重ね長さの確認やステップルのピッチも決まっています。先ほどの通気層を阻害しないようたるみなく施工したいものです。また縦の重なりは外壁に面材下地がある場合と無い場合でも違います。丁寧な職人さんだとステップルを縦に取付けてくれるそうです。また窓廻り等の防水テープの貼り方もあり、きちんと専用のローラーを使用しなければいけません。手で押さえただけではいけないのです。

防水の要は手摺壁の壁際とか屋根などの壁際で捨て防水紙をきちんと施工すること。また換気口廻りの防水紙の貼り方も有ります。防水テープの重ね部は管の下部にすることです。また換気口のキャップを取付ける時には捨てシーリングしておくと台所の湿った空気がキャップと配管の隙間から壁に入るのを防ぐことができます。

サイデイングの割り付けとして開口部廻りのL字納まりでは100mm以下は亀裂が入るので、禁止です。また釘留め施工では端部より20〜35mm空けることが必要です。釘で20mm以下だと割れる可能性が高くなります。反対に35mm以上になるとサイディングに反りが発生する恐れもあります。

あと、シーリング工事も細かく施工法が決められています。素材の指定からシーリングの巾や深さ、マスキングについてなどあります。

すでに判っているつもりでも改めて勉強すると、チェックポイントは多いです。

ニチハさんでは外壁施工の職人さん達には講習会を開いて啓発しているそうです。

先日、現場監督に聞いたら、知らない事もあるそうです。より品質の良い施工をめざして、さらに勉強していきたいと思いました。
posted by 川島勝久 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする