2019年01月19日

認定低炭素住宅

 昨日、認定低炭素住宅、正確には低炭素建築物新築等計画認定申請書で低炭素建築物新築等計画に係る技術的審査依頼書を
第三者機関の審査機関に出してきました。

書類の名前が長くてわかりにくいですが。

低炭素建築物とは二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物ということで、これは特定行政庁の認定をうける申請です。

 住宅の基準は外皮平均熱貫流率が基準値(名古屋市内0.87)以下、冷房期の平均日射熱取得率が基準値(名古屋市内2.8)以下となること。
 また、設計仕様の一次エネルギー消費量が基準仕様で算定した建築設備の一次エネルギー消費量に0.9をかけ、家電等に係る一次エネルギー消費量を足した値以下であること
 その他の低炭素化に資する措置として節水の機器とか雨水利用、ホームエネルギーマネジメントシステム、太陽光発電、木造住宅などの措置が高ぜられている事などです。

 外皮計算は長期優良住宅の申請になれていますし、一次エネルギー消費量の計算も国立研究開発法人建築研究所のHPで計算プログラムは公開されていて、なんとかなります。その他の措置もなんとかクリアできます。

 やってみればなんとかなります。省エネについて今までかなり色々な講習があり、講習代を払って勉強してきましたので、役立っています。


ところで2020年には義務化されるとの話だったので、建築士として当然の必須知識と考えていましたが、なんか延期になったとか。

え〜!です。。。。業界団体が反対しているのでしょうか?

まあ私個人としては省エネに配慮した設計はやった方が良いと思っています。

理由はまず建物の燃費がよいことです。

 エネルギーのランニングコストが良い事は住む人にとって将来有利になります。今、いつ、いくらもらえるかわからない年金生活者になった時にエネルギーコストは安い方が良いに決まっています。

あと、ヒートショックなどの体に対する負担も軽減されます。

 現在の家づくりでは断熱材を入れないつくりはないと思います。またペアガラスも当たり前です。であれば、きちんと計算する事で、もう少し性能を上げるための予算をかけていた方が良かったと後悔することもないでしょう。

 デザインの良い住まいもいいですが、形だけではなく、性能のデザインも良い住まいであることも大切なんだよなあと考える今日一日でした。

posted by 川島勝久 at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。