2018年10月24日

墨会館

一宮市の国登録有形文化財の墨会館に行ってきました。

 かの有名な丹下健三の作品です。東京ではありません。一宮市にあるんです。

 昭和32年(1957年)丹下健三が45才の時の作品です。1955年には広島平和会館本館、1957年旧東京都庁舎(現存しない)1958年香川県庁舎、同年旧草月会館(現存しない)東京オリンピック国立屋内総合競技場は1964年です。

かなり若い頃の作品で独創的でユニークな建物になっています。

 柱や梁などの和モダンなデザイン構成のダブルビームがみられながらコルビジェなどの世界の建築家の影響を受けた要素がちりばめられているようです。

 RIMG0006.gif
ピロティです。

RIMG0019.gif
ホワイエの雪見障子風日よけ

RIMG0042.gif
入って思わずかっこいいと思った集会室

RIMG0024.gif
建築家はテーブルとイスも設計するんです。

実際に見て体験すると写真ではわからないすばらしさが伝わってきます。ご興味がある人は是非見学される事をお勧めします。

なお、こういった国登録有形文化財の建物の特別公開が10月28日〜11月25日まで行われています。古民家から洋館、近代建築物までこの時期に公開されています。普段は立ち入ることができない建物に触れて歴史や文化に触れる事はきっと新しい発見があると思います。
詳しくはこちらで
http://www.aichi-tobunkai.org/index.html
posted by 川島勝久 at 00:00| Comment(0) | ヘリテージマネージャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。