2018年02月23日

気候風土適応住宅

2020年の「省エネ基準義務化」で伝統木造住宅はどうなるか?

先日、ACCの勉強会で「伝統構法の2020年省エネ法の義務化に向けての新たな方法」
気候風土適応住宅についての勉強会に参加しました。

講師は(有)綾部工務店の代表 綾部孝司氏です。

 綾部工務店さんは埼玉県の川越市にあり、綾部孝司さんで3代目で、国産材を大工さんが手刻みし、「木組土壁の家」を基本とされている工務店さんです。また省エネ性能についても詳しく検討され、「断熱(外皮)性能だけが省エネではないのではと思い、素材の製造から廃棄までのトータルで省エネを考えないとおかしい」ということで、国交省サステナブル建築物等先導事業「気候風土適応型住宅」が採択されたそうです。

 さて、2020年の住宅の省エネ義務化で伝統的な建て方の住宅がどうなるかというと、省エネ法では建物外周部(外皮)には断熱材を施すことになっています。また外部建具も性能の高いサッシが要求されます。それらを地域ごとの基準値に納まるように計算して、断熱材の厚みや建具の性能を決めなくてはいけません。

 すると伝統的な建物では土壁の外壁では柱内に土壁がありますので、柱内には計算値通りの断熱材は入れられません。また屋根の下地を仕上げとすると(梁などが見えて垂木も表しできれいな民家を想像していただければいいのですが)断熱材は入りません。床下も石場建てであれば立上がりの基礎がないので基礎断熱などはできません。(床断熱なら可能でしょうが)建具も木製にすると厚めのペア硝子は入りにくい(不可能な訳ではないのですが)また、もともと窓が大きくて性能は不利になるなどなどがあります。

 ですから省エネ法では全国一律の形態の建物しか建たなくなるおそれがあり、伝統的な構法の建物がなくなる事は伝統的な技術の継承や文化を失う恐れもあると思われるのです。

 ではその伝統構法の住宅が住みにくいのかと言うと、実際建ててみえる綾部工務店さんのお施主様ではそんなことはないそうなんです。(川越市は夏暑く、冬は寒い地域だそうですが)反対に計算値よりも一次エネルギーの消費は少なくなっているそうなんです。

 そこで、国も「気候風土適応住宅」という認定ガイドラインを策定しました。

 しかし、各地域独自の気候風土に適した住宅ということで、それぞれの行政庁でも認定基準を作る事が必要なんですが、その行政庁での認定基準作りがまだまだ進んでいないそうです。

ただ、これは行政だけの問題ではなく、私たち実務者側からも積極的に提案する事が大切と言われます。

 伝統構法の住宅を過去の化石とはせず、未来にも繋がる伝統的文化として継承するためにも私たちからの働きかけが大切であると痛感いたしました。
posted by 川島勝久 at 18:20| Comment(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。