2017年05月23日

地盤調査

昨晩はインスペクターズ東海さんの勉強会に参加しました。

テーマは「地盤調査と建物沈下修正工事」です。

講師は愛知ベース工業の営業の鈴木氏です。

 現在住宅の地盤調査で主流になっているのはスウェーデン式サウンディング試験(SWS試験)ですが、標準貫入試験のように土のサンプルがとれないので、土質は建物廻りの過去の地盤調査のデータなどを参考にロッドの回転する時の音や沈下量を経験値から推測します。

 ですから経験値によっては、腐植土などの固化材に悪さする土質が見抜けない事もあるそうです。
 腐植土は酸性を帯びる場合があり、セメント固化材はアルカリ性ですので中和されて固化しないことがあり、沈下の原因に成る場合があります。

 そこで簡単に土質が推察できるスクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)という試験方法が紹介されました。
 これはロッドの回転時のトルクと沈下速度で土質を推察します。砂質や粘土質、腐植土などがデータ化されて推察できるそうです。

 かっては湿地だったところなどは特に注意が必要です。でも、現在は団地化されるとその土地の履歴がわからなくなるんですよね。地名も変ると特にわかりませんね。

 講座では地盤沈下の家の沈下修正の工事も紹介されました。家の基礎の下に人が入れるほどの穴を掘って(敷地が狭いと人力だそうです。)ジャッキで鋼管杭を圧入していくそうです。

 杭の長さにもよりますが、支持地盤の深さが10mを超えると1000万円くらいかかるそうです。それでは建替えた方がよくないかとも思ってしまいます。

 昔、基礎より上の土台をジャッキアップする工事を見た事があります。見事に水平にもどってすごいなと思ったんですが、その家の方は少しも喜んではいなかったんです。だってただ単に水平になっただけで、キッチンや部屋が新しくなった訳でもないのに高い費用を払わなければいけなかったんですからね。

 やはり基本は地盤調査をして、できるだけ正確に土質を把握する事と改良工事については地盤調査会社の考察のみを鵜呑みにせず、設計者もきちんと検討することだと思います。

 まだまだ勉強しなくてはいけないんですよね。
posted by 川島勝久 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家づくり豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック