2017年04月27日

工事監理

安心な家づくりにかかせないのは工事監理です。

監理といっても工事業者さんの監督さんが行う管理ではなく、設計事務所が行う監理の事です。

ただ、設計事務所の監理といっても玉石混合です。

 インスペクションで第3者監理にお伺いする住宅の場合、多くはまだ工事監理者はしっかり現場を見ていません。又、デザイン系の建築家の場合も色々です。

 以前、インスペクションで新築の第3者監理に行った時、デザイン系の建築家さんの物件で現場でお会いしたんですが、皮のコートを着てかっこいいんですが、基本的な所がよく解ってみえなくて、ちょっとがっかりしました。

 別にデザイン系の建築家さんがダメという事ではないんですが、設計監理料をお施主様からいただいているのなら監理料分の知識と働きが必要ではと思うのです。

 できなければ分離して他社にお願いすればとも思います。
住宅系の設計では意匠以外の構造、設備は外注することも多いです。

 ただ、個人的には工事監理は設計者がした方が良いと思っています。なぜなら現場で起る技術的な問題は意匠、デザインにも影響するからです。お施主様と一緒に作ったイメージを実現する為には、技術的な裏付けが必要なのです。

話が長くなりますので、本日はとりあえずここまでとし、今後も工事監理の重要性は発信していきたいと思います。

0045-0417.gif
基礎配筋検査;スラブ筋ピッチ、補強筋、人通口下部梁、継ぎ手長さ、鉄筋のかぶりなどの確認

0082-0420.gif
アンカーボルト、ホールダウンの位置、材質と設置状況確認

0090-0420.gif
コンクリート打設と養生風景

0092-0425.gif
木材検査;樹種、寸法、含水率の確認をしています。

0122-0425.gif
桧の筋交いの欠損がないか確認して選別しています。





 
posted by 川島勝久 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊明の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック