2017年04月19日

亀山宿、関宿見学

3月初めに愛知建築士会の「木塾」のオプション講座で亀山宿、関宿の見学会に参加してきました。

当日は快晴で、暖かい気候で見学日和でした。

関は古代から交通の要衝で、古代三関のひとつ「鈴鹿関」がおかれていたところです。江戸時代には東海道53次の47番目の宿場町です。東西追分の間1.8km、25haで江戸から明治にかけた古い町屋が200軒あまりが残っています。
昭和59年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

RIMG0019.gif
亀山藩家老加藤家の蔵 腰廻りの瓦のはめ込みがかっこいい
RIMG0023.gif
限界耐力計算で改修された旧舘家
RIMG0041.gif
関宿の旅籠会津屋 元は山田屋と言い、小万が育った事で有名。
RIMG0050.gif
街並に調和した一般住宅の門 昔からの建物と間違えるくらいです。
RIMG0061.gif
高札場跡 復元するといい感じです。
RIMG0062.gif
関宿の庵看板。京都側が漢字で江戸側がひらがな。旅人が間違えない工夫です。
RIMG0063.gif
「関で泊まるなら鶴屋か玉屋、まだも泊まるなら会津屋か」の旅籠玉屋
RIMG0066.gif
スライド式の板戸
RIMG0067.gif
こんな風に板戸が降りてきます。発想が自由です。
RIMG0087.gif
江戸末期には脇本陣も努めた旅籠鶴屋。千鳥破風が格式を示している。
RIMG0090.gif
店の商品を並べたり、座ることのできる「ばったり」です。

写真を見て気がつかれた方もみえると思いますが、建物の上空がすっきりしています。電線が見えません。地下埋設では無く、見えないように工夫されているとのことです。

みなさんも江戸時代の宿場の世界にタイムスリップしてみませんか。
posted by 川島勝久 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘリテージマネージャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック