2015年02月25日

揺れを抑えて、余震に強い

 コープハウジング東海さんと提携している建築士の集まり「建築士協同プロジェクト」では、あいち、みえ、ぎふの各支部のメンバーで住まいについての課題を毎年研究しています。

 昨日はその研究課題の中間発表で、あいち支部からは「制振工法」「省エネ研究」「住宅内の安全・危険」みえ支部から「建築士の役割」について発表され、それに対して、コープハウジング東海さんの担当者も含めて、意見を出し合い、ブラッシュアップしていくのです。

 制振工法の説明では、コープハウジング東海では新築は基本的に耐震等級2以上の長期優良住宅にしています。耐震等級2とは住宅性能表示で規定された基準で概ね大地震の1.25倍の力に対して倒壊しない程度の基準です。
 ただし、倒壊しない程度であって、地震の強さによっては傾く事はあります。そして、その後何度となく来る余震で倒壊するかもしれません。その為に制振金物を取付けることによって、柔らかく力を受け止めて、被害を少なくするものだそうです。発表された建築士は金属系の金属バネの復元力を使ったボウシンという金物を採用しているそうです。
 免震は優れていますが、金額が高価になります。この制振なら安価で地震の揺れを抑え込むにはいいということです。

 私自身はまだ制振工法については、不明な点があり、免震ほど高価でないとしても数十万円を投資するのですから、装置を取付けた時の効果の数量的な表示が欲しいことや、取付位置がメーカーまかせになっていて、どうしてそこに付けるのか分からないことです。

 制振工法が悪いわけではありませんが、費用対効果なるものが、分かればお施主様にも説明しやすいと思うのです。

 まあ、そういった疑問を解決する為の研究会ですので、今後の研究発表を期待したいです。

 コープハウジング東海で作る家づくりは、このような研究を重ねて、素敵で、性能の良い住まいを建築士と共に提案しているんですが、その建築士もこういった研究活動で鍛えられているんです。
posted by 川島勝久 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック