2018年11月03日

山の見学会

新城の杉生さんで山の見学会が11月10日に開催されます。

山の見学会とは
みなさん知ってますか?
 私達は家の柱、床板、建具、家具など沢山の「木」に囲まれて生活しています。
そんな身近な木という素材が山からどのように切り出されて加工され、みなさんの所へやってくるのかご存知ですか?
杉生では1年に2回、製材の工場見学や山の立ち木の伐採見学を行っています。

 製材工場では大型の機械で職人さんが丸太を上手に製材していきます。山の中では立木を木こりさんの熟練の技で木に登ってワイヤーを張ったり、チェーンソーで切って伐採する様子が大迫力です。

 私も何度か山の見学会に参加しましたが、いつ見学しても新たな発見があります。
大きな木が木こりさんの手により倒れる瞬間はすごい音と木がこすれて起る匂いが荘厳な感じを受けます。

 まさに木という命が倒されて加工され住まいになる事は、その木の命に見守られながら人が住むということが実感できます。
きっとその木の家は大切にされると思います。だってその木は自分よりも長く生きてきた身近な木なんですからね。

 お昼はお弁当に杉生名物の「猪鍋」も楽しめます。終わるのは3時頃ですからそのまま近くの温泉に行くのもよいかもです。

これから家を建てようと思っている方は一度勉強の為に参加されるのも良いと思います。

詳しくはこちらから
http://sugishou.com/index.html


posted by 川島勝久 at 19:24| Comment(0) | 国産材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする