2018年03月09日

内海

 内海は愛知県の知多半島の伊勢湾に面した街です。内海師匠とは違います。もちろん巨人のピッチャーとも違います。

 先日、内海に行ってきました。小さい頃海水浴に連れてもらったり、友人と行った思い出があります。温泉もあり、観光には良い街です。

今回はあいちヘリテージマネージャーの町並調査の報告会に参加してきました。

 昭和53年に内海駅の建設に伴って貝塚が発見された事から、内海谷がかなり後世まで入り江であったそうです。
 産業は主に農業で、幕末から明治前期までの間は廻船業も盛んであったそうで、近年では海水浴、釣り、温泉など風光明媚な景観も備えた観光があります。

 建物では哲学者の梅原猛先生が幼少から青年期まで住まわれていた梅原邸があります。また海に近い方には明治初期に建てられた尾州廻船内海船船主 内田家があります。こちらは国の重要文化財に指定されています。

 防災では平成26年の地震による被害予測は南知多町は最大震度7、最大津波高さ4.9m、最短津波到達時間21分だそうです。

 当日、コンビニに寄ったらでっかい救命艇が備えられていました。

 建物の耐震補強もそうですが、備えあれば憂いなしですね。

IMG_0391.gif
ラベル:登録文化財 防災
posted by 川島勝久 at 10:22| Comment(0) | ヘリテージマネージャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする