2017年03月20日

記憶

 先日、知多市岡田の公民館にて、ヘリテージマネージャーの知多市岡田地区の町並み調査の報告会に参加してきました。

今回は文化遺産の個別調査で、繊維工場、味噌醤油店、料理旅館の3つでした。

会場には地元の岡田街並保存会の方々も多数参加され盛況でした。

丹念に調査された内容の発表で、皆さん感心しておられました。

質問ではこれからの課題はどうしたら良いかとか、積極的な質問がありました。

 地場産業の復興や文化遺産の維持管理、次世代への継承などの回答がなされましたが、どれも大変難しい問題です。景気も右肩下がりの中、地域の高齢化も進む事は、岡田地区に限らず、どの地域でも抱える問題です。

 でも大切にしていきたいという思いは重要だと思います。その思いを持つ人々と一緒に考えていかなければいけない課題と言う事で、自分も関わっていけたらと思いました。

 最後に保存会の方から、本日の調査建物の思い出で、「料理旅館では古希のお祝いに一杯やろうと思います。また昔、工場の盆踊りにはよく連れていってもらいました。醤油屋さんには一升瓶をもって買いにいったものです。」と言われました。

 思い出は、記憶の中ですが、建物を見る事で蘇ってきて、その時の感情がこみあげてくると思います。この思い出が宝物だと思います。保存会の方々はその宝物を大切にして集まってみえるのだなと思いました。

今回は電車で参加したんですが、帰りの電車の中でも色々と考えながら帰ってきました。

少し時間があったので、岡田の街並も散策しました。

IMG_0218.gif
料理旅館 枡磯
IMG_0217.gif
IMG_0227.gif
旧中七木綿本店
IMG_0225.gif
慈雲寺
IMG_0228.gif
竹内虎王邸
posted by 川島勝久 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ヘリテージマネージャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする