2015年06月23日

住まいるコープに掲載されました。

桜ヶ丘の家がコープハウジング東海さんの「住まいるコープ」に掲載されました。

新築事例でお施主様の感想も載っています。

0623.gif

data-69.gif

「スッキリした南欧風の家ができました!」
「営業マンを通してではなく、建築士さんに直接相談に乗ってもらえるのが、とても安心できました。新しい家にはそれほど要望もないかな。。と思っていたら、相談を重ねる中で自分たちの希望がだんだん見えて膨らんできました。
 収納を多く、南欧風でもごてごてしていないスッキリしたデザインを希望しました。建築士の川島さんは、間取りのプランをいくつも出して、それぞれの違いを説明してくださったので、実際に住んだ時の生活を思い描いて考えることができました。」

と感想をいただきました。

大変うれしいコメントをいただき感謝しております。

 家造りには色々なパターンがあって、ハウスメーカーで建てたり、地元の工務店で建てたりしますが、建築家と一緒に建てる住まいづくりが一番いいのではと思います。
 もちろん建築家にも色んな方がみえますが、作品つくりを一番とせず、じっくりと住まい手の本当の暮らし方を一緒にイメージしながら、デザインしていく建築家が良いのではと思います。
 また、建築家に頼むと設計料もあり、工事費が高くなると思い勝ちですですが、じっくりと住まい手の暮らしを考え、永く気持ち良く暮らせる空間を創造し、確かな技術力で性能が合わされば、結局永い目でみれば、お値打ちになると考えています。

 そんな建築家と一緒に安心して、安全な住まいづくりを目指す、コープハウジング東海さんの「住まいるコープ」を一度見てください。住まいづくりの役にたつ情報やセミナーが多数ありますので、参考になると思います。
posted by 川島勝久 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 南欧風の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

あいちの木で家をつくる会総会

昨日は、あいちの木で家をつくる会の総会でした。

総会は名古屋大学のES総合館の会議室で行われました。

総会終了後、記念講演で、名古屋大学に今春新設された未来社会創造機構(NIC)の3階に多世代交流スペースをデザインされた名古屋大学工学研究科助教の太幡英亮さんの『「子育てワークプレイス」の木装化により見る地域材利用の展望』を聞きました。

001.JPG

木装化された交流スペースの材料は、新城の杉生さんからで三河杉です。

多世代交流スペースとか「子育てワークプレイス」とか少し難しい横文字が続くとよくわからないんですが、ここで子供達が遊ぶそうです。

無機質なコンクリートとガラスの空間の中に、この三河杉で造られた空間ならきっと子供達も気持ち良く遊べるのではないかというのは、その場所で、五感で感じれば言葉ではなく、わかる気がします。

講演のあとは、懇親会で、おじさん達が、暑く盛り上がっていました。
ラベル:県産材 新城
posted by 川島勝久 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 国産材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする