2015年05月29日

木造の梁の大きさはどう決める?

建物では鉄筋コンクリート造や鉄骨造では構造計算事務所に依頼することが多いが、木造の場合はどうなんでしょうか。

 昔は現場で教えられた事を基にしていましたが、大工さんの手刻みからプレカット工場での加工に時代が変わり、梁断面はプレカット工場で決めていたりしていました。

 平成11年に住宅性能表示制度ができて、日本住宅・木材技術センターから「横架材及び基礎のスパン表」が出され、参考にしようと検討していた時期がありましたがこのスパン表によると梁の高さが以外と小さくなります。

 あまりにも貧弱になるので、プレカット工場の担当者に聞いたりして、自分なりに大きくしていました。

 で、現在は意匠設計者でも扱える「ホームズ君」というソフトを手に入れましたので、これで梁断面を許容応力度計算で求めています。

 ただ、梁のたわみ制限をいくつにするかで数値は変わってきます。大梁のたわみ制限を1/250とすると、梁は小さくなります。
で、そのたわみはいくつになるかというと、2間(3640)スパンだと梁中央で7.28ミリたわむということです。
 また、大梁で7.28ミリ下がれば、それについている小梁のたわみも足されて、床の中央では端よりももっと下がっていくでしょう。

 診断でお伺いした建売りの中古住宅で1階が大きな部屋で梁が小さい場合の2階の床はほとんどが傾斜しています。

 昔の大工さんは材のたわみやクリープ現象を考慮に入れて梁の断面を大きくしていたんですよね。そして構造的に無理のないような骨組みに考えていたんですよね。

 「ホームズ君」ではそのような梁のたわみを設計者が決める事ができます。1/250を1/450に変更したりできるのです。さらにその梁の上に耐力壁が有る場合はもっと断面が大きくなります。耐力壁で梁が曲げられるのも考慮しているようです。

 もちろん梁は大きくなりますが、必要なところには大きく、不要なところはそれなりに、バランス良く設計することができるのです。

 近々、愛知県版のスパン表が出ると小耳に挟みましたが、個人的には「いまさらスパン表?」と思います。
スパン表を使っていれば大丈夫と思わない方が良いと思います。
 
あやしいと思ったら木造に詳しい構造設計者に聞く事をお勧めします。

 まあ、聞く前に少し投資してソフトを買った方が良いと思うのですが。

 

posted by 川島勝久 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

ゴールデンウィーク突入!

いよいよゴールデンウィーク後半戦。でも雨です。

私は、仕事です。(どこにも遊びに行く予定がないので)

4月は大変でした。

 自宅マンションのお風呂の桶が壊れて、改修。ついでに伝説の畳のある私の仕事部屋の改修(畳を板の間にして、壁をクロス貼っただけ)なんですが。。。

 お風呂はタイル張りのお風呂でしたが、今風のユニットバスにして欲しいと妻のご要望に応えようと思いましたが、メーカーの人が見に来て。瞬時に「無理です。」と言われました。
 内寸が小さすぎて入らないとのこと。小さいサイズにも合わせられる某メーカーさんでしたが、それでもダメだったのです。(もっと小さいサイズも作ってよ!)

 ということで、浴槽を据え置き型のポリバスにして、壁をアイカの浴室用のパネル張り、床はポリバスとの段差を小さくするためにTOTOのカラリ床のざら板としました。

 と簡単に図面を買いて業者さんに指示したのですが。。。

 現場はパネルを張る為に、腰までのタイルをはつり、壁の直角が狂っているとのことで、他もはつり(RC造の壁ですごく直角が狂っているなんてどんな建物よ!と怒りました)、その影響で防水を掛け直し、四苦八苦していました。又、はつりのホコリがすごいんです。コンクリートのはつりと土壁の解体のホコリは粒子が小さいのか、どこまでも入ってきます。襖で閉じていた部屋にもホコリが侵入して、妻にも「プロなのに!。。。」と無言のプレッシャーを掛けられました。

 私の仕事部屋は伝説の畳(図面を書くのに昔?は製図台で書く為にキャスター付きのイスで畳に直に載せていたので、すれて畳表が悲惨な事になっていたのです。)を撤去して、新城の杉生さんの杉板のフローリングに張替です。

 と簡単に図面には書いたのですが、工事をする為には、仕事部屋のパソコン、プリンターから家具、数十年分の資料やら、書籍やら、ゴミやらを移動させたり、廃棄したりと大変でした。

 お客様にはよく「リフォームの時には入らない物を整理できるチャンスですよ」と説明していたのですが、もし今回そんな説明を受けたら、絶対に「余計なおせわじゃ!」と言いたくなりました。

 お風呂も工事したので、近くのスーパー銭湯に通ったのですが。。

 最初の内はそういうのも楽しいのですが、3日もすると段々と鬱憤が溜まります。(小さい頃は家にお風呂がなかったので、近くの銭湯に歩きながら通ったもんだったんですがね。)

 人間、便利に慣れるとよけい不幸を感じるのでしょうか?

 で、よせばいいのに勢い余って、名古屋の事務所からJパネルで作った1.5mの本箱と1.5mのでかい机を持ってくる事を思いつき、またまた事務所の書籍や資料やら、カタログ、ゴミの整理に奔走!(なんと半分以上は不要な資料や古いカタログでした。)

 あとは家の居間(現在は子供室のまま)に積んだ書籍や資料を片付けて、家具を移動して、居間に復活させようというところで、一旦休憩となりました。(このまま続けたら、仕事ができなくなります。)

 不要な物は一旦納まる所に納まっていると、片付けないものなんですよね。それが、部屋の出入り口あたりに積んであると、処分したくなります。でも本箱に一旦納めちゃうともうダメなんでしょうね。処分するのにまた数年待たなくてはいけなくなるのでしょう。

 一応、整理収納アドバイザー2級を取得しているのですが、とても人様に整理収納を語る資格はないです。だって、今回、整理収納って大変な事なのが良く分かり、簡単には整理してくださいとは言えませんよね。(でも言うと思いますけど)
posted by 川島勝久 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする