2020年10月12日

山の見学会2020秋

 木造の家には柱や梁にはもちろん木が使われていますが、その木がどこの木なのかって知っていますか?

 日本の木なのか海外の木なのか。又、一本の木から製材したものか、あるいは木の板を接着剤で固めた集成材なのか?

 家の木というとまず、桧や杉や松、古民家の大黒柱ではケヤキなども思い浮かびます。又、米松という外国の木もあります。
集成材だとレッドウッド、ホワイトウッドというなんの木かわからない外国の木が使われています。(最近は国産杉の板を使ったものもあるようですが)

 木造の家の一番重要なのは骨組みですが、それがどんな木を使われているのかについてみなさん関心ありますか?
もちろんどの材料であってもきちんと適材適所で使えば問題ありませんが、高額な住まいで一生そこで暮らす家で少しこだわりをもってもいいのではと思います。

 私はできるなら国産材をお勧めしています。もちろん限りある予算の中でやりくりすると難しいですが、できれば近くの山の木で家を建てる事が住まいの安らぎにつながると思っています。それに近くの山の木ならどんな風に立っているのか見る事ができます。どんな人たちがその木を愛でて伐採し、製材して商品として管理してみなさんに届けているか見学する事ができます。これって大切な事だと思います。

 単なる梁などの部材という木ですが、その木を伐採するのを目の当たりにすると、それがどのような思いでこの地に育ち住まいの一部として生き続けるのかというロマンが見えてきます。そんな住まいなら大切に使おうという気持ちになります。

 少しおおげさかもしれませんが、そんなロマンを感じる山の見学会を是非体験していただけるといいのではと思います。

この度、私が事務局を運営している地域型住宅ブランド化事業のグループで一緒の杉生さんの「山の見学会2020秋」が開催されます。

是非、この秋に素敵な体験をしてみてはいかがでしょうか。



チラシ山の見学会2020秋.pdf


posted by 川島勝久 at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

基礎配筋検査

昨日は現在進行中の木造2階建ての住宅の現場の基礎の配筋検査に行ってきました。

 敷地に高低差があるので、一部深基礎になっています。
深基礎だと工程が複雑になります。深基礎底部のベースと途中の立上がりの2回分が余分に手間がかかります。よって基礎の配筋検査は数回に分けて確認しなければいけません。大変ですが、監理者としてはここはいくら手間がかかってもきちんと監理しなければいけないポイントです。

後、最後の立上がりの打設前にはアンカーボルト設置の確認もします。

 昔は田植えのようにコンクリート打設直後にアンカーボルトを植えていた業者がいました。当然ボルトは斜めになったり深さがいい加減だったりになってしまっていましたが、最近はきちんとアンカーセットで取付けしていてかなり改善されています。ただ、アンカーボルトの位置を間違えると土台の継手に干渉したりして大変な事になります。現場監督さんもきちんと確認していますが、人間ですので間違いや勘違いもあります。私も設計者として必ず確認していますのでダブルチェックになるようにしています。

 現場の進行は職人さん達の工程や天気に左右されて予定通りいかない時も多々ありますが、その辺は臨機応変に対応しながら現場監理していくのが良いかと常々思っています。

posted by 川島勝久 at 20:20| Comment(0) | 住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて、当社も6日より本格的に仕事が始まっております。

が、私個人としてはすでに2日から仕事しています。(笑

 お正月といっても親戚が車で数分で行ける近くなので年始のあいさつは簡単です。(遠くにご親戚のあるみなさんはお疲れ様です。)
なので意外に時間が余ってしまって、でもテレビ観て寝正月といってもおもしろそうなテレビ番組はなく年賀状の整理の為にパソコンつけたついでに仕事してしまいました。

 私は毎年お世話になったお客様に年賀状を送っているのですが、お客様よりいただく年賀状では「ご活躍をお祈りいたします」とか「お元気ですか」とかのありがたい一言をいただき感謝しております。
その中で「築10年を過ぎてそろそろメンテナンス考えています。」とかもいただきます。
 
 建築士の仕事は建物の設計をする事ですが、その建物は永く何十年もお使いいただく訳で、何十年後に本当にその設計した内容の真価が問われると思います。
 設計というとどうしても表層的なデザインに目がいきがちですが、建物で特に住まいは時間とともに家族が成長し変化していきますのでその変化にも応じる考え、思考が入ったデザインにしなければと思っています。又、性能や経年劣化に耐える風合いとかも大事な要素と思います。

 長く建築士やっていますが、住まう人の暮らしを受け止める器としての住まいの考え方や、新しい技術や古くからある技術、耐震や省エネ、バリアフリーなどの性能の研究など(特に最近の自然の猛威を考えるともっと研究が必要と思っています。)まだまだ勉強不足を痛感しております。

 今年も一歩づつ精進していけたらと思っております。本年もどうぞよろしくお願いします。

posted by 川島勝久 at 11:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

ほぼ1年経過

もう年の瀬です。早いですね。一年ってあっと言う間ですね。

 ブログも更新したのって今年の1月19日です。その間全然更新してません。
今年はめちゃくちゃ忙しかったのかなと手帖を見てみました。

 年初は新築の作図とリフォームの計画が数件あり、古いお寺の現場調査のまとめもやってます。
あと、医院の計画作成があり、その間に中古住宅の診断や新築の第3者監理業務も時々あって
その後計画した物件の現場が夏に向けていっせいに始まっています。後半は現場監理と次の新築の計画が入っていました。

 今年の現場は建築界の人手不足なのか工程がうまく進みません。知り合いの工務店の監督さんの話では、昨年の台風の影響で屋根等のリフォームがありそれが3月くらいまで影響していたようです。設計監理している当方としても延びた工程につきあってますので、きりがつかずにいて、次の仕事の計画を抱えると切り替えができず混乱していたようです。

 今日ある現場に行ってきましたが、その現場も工程が延びてやっと今日最終工事を完了する事になりました。
御施主さんはやさしい方だったので工期延長にも寛大な配慮をしていただきました。(御施主様ありがとうございます。)

 今、ブログを書けなかった原因がわかりました。最初は忙しさからでしたが、後半は工期延長で御施主様に申し訳なく精神的にまいっていたようです。ブログで色々と記事を書く事は記事のネタがあるかどうかもですが、精神的にも充実してないとできないんでしょうね。

 よく人からは飄々としている。と言われますが、意外とチキンな私でした。

精神鍛錬の為に、お寺で座禅組んで修行しよっかな。

 

 


posted by 川島勝久 at 12:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

認定低炭素住宅

 昨日、認定低炭素住宅、正確には低炭素建築物新築等計画認定申請書で低炭素建築物新築等計画に係る技術的審査依頼書を
第三者機関の審査機関に出してきました。

書類の名前が長くてわかりにくいですが。

低炭素建築物とは二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物ということで、これは特定行政庁の認定をうける申請です。

 住宅の基準は外皮平均熱貫流率が基準値(名古屋市内0.87)以下、冷房期の平均日射熱取得率が基準値(名古屋市内2.8)以下となること。
 また、設計仕様の一次エネルギー消費量が基準仕様で算定した建築設備の一次エネルギー消費量に0.9をかけ、家電等に係る一次エネルギー消費量を足した値以下であること
 その他の低炭素化に資する措置として節水の機器とか雨水利用、ホームエネルギーマネジメントシステム、太陽光発電、木造住宅などの措置が高ぜられている事などです。

 外皮計算は長期優良住宅の申請になれていますし、一次エネルギー消費量の計算も国立研究開発法人建築研究所のHPで計算プログラムは公開されていて、なんとかなります。その他の措置もなんとかクリアできます。

 やってみればなんとかなります。省エネについて今までかなり色々な講習があり、講習代を払って勉強してきましたので、役立っています。


ところで2020年には義務化されるとの話だったので、建築士として当然の必須知識と考えていましたが、なんか延期になったとか。

え〜!です。。。。業界団体が反対しているのでしょうか?

まあ私個人としては省エネに配慮した設計はやった方が良いと思っています。

理由はまず建物の燃費がよいことです。

 エネルギーのランニングコストが良い事は住む人にとって将来有利になります。今、いつ、いくらもらえるかわからない年金生活者になった時にエネルギーコストは安い方が良いに決まっています。

あと、ヒートショックなどの体に対する負担も軽減されます。

 現在の家づくりでは断熱材を入れないつくりはないと思います。またペアガラスも当たり前です。であれば、きちんと計算する事で、もう少し性能を上げるための予算をかけていた方が良かったと後悔することもないでしょう。

 デザインの良い住まいもいいですが、形だけではなく、性能のデザインも良い住まいであることも大切なんだよなあと考える今日一日でした。

posted by 川島勝久 at 18:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。